株式会社GRETECH JAPAN、テラバイトのストレージも兼ね備えた大容量データファイル送受信サービス「DATA POST」を販売開始!

株式会社グレテックジャパン 2008年10月08日

時代、ついにテラへ…オンラインストレージサービス「FILE BANK」を運営する (株)GRETECH JAPANが、1TBまでのオンラインストレージを兼ね備えた法人向け大容量ファイル送受信サービス「DATA POST」を10月7日に新発売!

インターネット上における大容量ファイル保管、オンラインストレージサービス
「ファイルバンク」( (リンク ») ) を運営する株式会社
GRETECH JAPAN(グレテックジャパン:東京都新宿区、代表取締役社長 Min-seok
Jung、ジョン・ミンソク)ではこの度、5GBまでの大容量データを一括送信可能
な法人向け大容量データ送受信ASP「DATA POST」を新発売いたしました。

これは2007年の運用開始以来、皆様にご愛用いただいております『ビッグメー
ル』がさらに進化を遂げたもので、一度に送信できるデータ容量制限が5GBまで
となりました。
また、ストレージ容量は1GBから1TBまでご用意、送受信のご利用用途によってお
客様が選択してご購入されることが可能です。
セキュリュティ面では最新鋭のウィルスチェック機能、暗号化SSLを標準搭載、
さらに管理画面でアクセスログや送受信履歴の把握が可能なことにより、不正利
用を防止します。

クローズドβテストは約100社様のご参加を賜り、ご好評のうちに終了しました。
弊社では「DATAPOST」を事業者様が導入されることによって、業務効率の向上と
高い情報漏洩対策、またコスト削減が実現し、一層便利に、より簡潔に、よりス
ピーディーな大容量ファイルの送受信環境が具現化するものと確信しておりま
す。

【DATA POSTの概要】
■データポスト( (リンク ») )の主なサービス内容
※1ファイル5GBまでの大容量データファイルの送受信にも対応、ストレージは充
実の1TB(テラバイト)までご用意いたしました
※ログインIDの発行は無制限、もちろんアップロード・ダウンロード回数も無制

※管理画面でアクセスログや送受信履歴が把握可能、不正利用を防止します
※サーバの構築、ソフトウェアの導入作業は一切不要、コスト削減に貢献します
※最新鋭のウィルスチェック機能、暗号化SSLを標準搭載、また送信間違いなど
の事故が発生しても対応可能な万全のセキュリティ情報漏洩対策
※充実の海外対応(一部対応していない国家・地域もございます)

【株式会社GRETECH JAPANについて】
大容量ファイル保管・送信・シェアなどのオンラインストレージサービスを展
開。合計最大100GBのファイルが保管できる「ファイルバンク」や、送信されたURL
をクリックするだけで、合計最大100MBまでのファイルが送信できるサービス
「ビッグメール」などの運営や開発を行う。また簡単操作・多彩な コーデック
が備わった世界的規模のマルチメディアプレイヤー「GOMPLAYER」
( (リンク ») )も展開している。

----------------------------------------------------------------------
◇本件に関するお問い合せ先
株式会社GRETECH JAPAN マーケティング事業部 担当:多田
Tel: 03-3226-7700 Fax: 03-3226-7701 EMAIL: mitsu5@filebank.co.jp
〒160-0007 東京都新宿区荒木町23-15 アケボノ大鉄ビル3階

このプレスリリースの付帯情報

DATAPOST HP

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社グレテックジャパンの関連情報

株式会社グレテックジャパン

株式会社グレテックジャパンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!