編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドバンテック、Modbusゲートウェイに対応したシリアルデバイスサーバ、EKI-1221およびEKI-1222を発売

アドバンテック株式会社

From: DreamNews

2008-10-09 09:30

アドバンテック株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長:劉克振、以下アドバンテック)は、Modbusゲートウェイに対応したRS232/422/485シリアルデバイスサーバEKI-1221およびEKI-1222を発表、発売を開始いたします。
■ 概要
EKI-1221およびEKI-1222は、Modbusゲートウェイです。
Modbus/TCPとModbus/ASCII/RTUネットーワークデバイスの両方に
マスタとスレーブとして動作し、シリアルまたはイーサネットベースの
Modbusデバイスをイーサネット上で接続します。
Modbusは、シリアルデバイス(RS-232,RS-422,RS-485インタフェース)および
イーサネットデバイスの両方に使用可能ですが、シリアル通信とイーサネット通信の
物理的なコネクタだけではなくプロトコルも異なるため、相互接続するためには
ゲートウェイを使いプロトコルを統一化とすることが必要です。
そこで、EKI-1221は2つのイーサネット接続と1つのシリアルポートを、
EKI-1222は2つのイーサネット接続と2つのシリアルポートサポートし、
Modbus TCPとModbus RTU/ASCIIネットワークを統合するように設計されております。
■ 主な特徴
・10/100BASE-T 自動切換え デュアルイーサネットポート
・Modbus TCP および Modbus RTU/ASCII ネットワーク対応
・シリアル通信ポートは最大 921.6 kbpsに対応
・1シリアルポートごとに最大31のスレーブが接続可能
・最大16コネクション、32リクエストの同時処理が可能
・ソフトウエアによるRS-232/422/485の選択可能
・DIN-レールに対応
・RS-422/485および電力ラインからのサージプロテクションに対応
・Windows(R) 2000/XP/Vista(x86)に対応
■ 価格
EKI-1221-AE: Modbus対応シリアルデバイスサーバ, FEx2,シリアルx1
37,590円(本体価格35,800円)EKI-1222-AE: Modbus対応シリアルデバイスサーバ, FEx2,シリアルx2
42,840円(本体価格40,800円)
■ 製品ページ(データシート,写真などのダウンロードが可能です)
 製品ページ: (リンク ») ※ アドバンテック オンラインストア( (リンク ») )にて販売中

■ アドバンテック株式会社について
 アドバンテックは、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、
 産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな
 製品の開発・製造および販売に携わっています。
また、デジタル技術を使いタイムリーに映像や文字情報をディスプレイ表示する
"次世代型インフォメーションシステム"、デジタルサイネージの分野についても、
 事業を積極展開しています。
■ 連絡先
 アドバンテック株式会社 
 〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号
       岩波書店一ツ橋ビル12階
 TEL:0800-500-1077(フリーコール)
 URL: (リンク »)
 E-mail:ajp_sales@advantech.com 
 専用お問い合わせフォームはこちら
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバンテック株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]