編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アドバンテックと日本IBM、IoTで協業--SoftLayerやBluemixを開発実行環境に

NO BUDGET

2016-02-04 08:30

 台湾Advantechの日本法人アドバンテックと日本IBMは2月2日、スマートマニュファクチャリングをはじめとするIoTで協業すると発表した。アドバンテックが提供するPaaS「WISE-PaaS」をIBMのIaaS「SoftLayer」やPaaS「IBM Bluemix」と連携させ、ユーザー企業がIoT関連のアプリケーションを開発、実行する環境とする。

 Advantechは産業用コンピュータ分野で世界トップシェアのグローバル企業という。同社のIoT向けハードウェアはシリアル通信やイーサネット、アナログI/O、デジタルI/O、ワイヤレスセンサノードなど、さまざまな物理インターフェースを介したセンサや機器からのデータ収集をサポートしている。WISE-PaaSは、これらのIoT向けハードウェアが収集したデータを活用するためのデータ管理、ハードウェアの状態を監視するデバイス管理などの機能をREST APIでさまざまなクラウドサービスから利用できるようにしている。

 両社は、WISE-PaaS、SoftLayer、Bluemixを連携させてIoT機器とインターネットを接続するアドバンテックのセンサゲートウェイ、通信機能やセンサなどを実装したノードから収集したデータをもとにクラウド上で工場設備機器の稼働状況や環境を可視化し、保全を支援するスマートマニュファクチャリング市場向けにIoTソリューションとして提案する。日本IBMの顧客やビジネスパートナー向けの施設「IBM Client Experience Center」にある「IoT Experience Garage」で体験できる。

 今後は、Advantechの持つさまざまな市場やアプリケーション向けハードウェアプラットフォームと、日本IBMが幅広い業界で培ったシステムの実績やノウハウを組み合わせることで、スマートマニュファクチャリング市場に留まらず、IoT関連事業のビジネス拡大に向けて協力していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]