編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

IBM、クラウドベースウェブ資産やB2B事業など買収完了--日本市場でweather.com提供へ

ZDNet Japan Staff

2016-02-01 10:51

 IBMは米国時間1月29日、The Weather Companyの「weather.com」をはじめとしたB2B、モバイル、クラウドベースのウェブ資産の買収を完了したことを発表した。The Weather Companyの会長兼最高経営責任者(CEO)David Kenny氏は、IBMでWatson事業部を率いる。weather.comを日本で展開する計画も明らかにしている。

 この買収は2015年10月に発表していたもので、weather.com、Weather UndergroundなどWeather CompanyのB2B、モバイル、サービス、およびThe Weather Companyブランド、そして法人向け事業ブランドのWSIをIBMが取得するというもの。TV事業のThe Weather Channelは対象としない。買収金額は開示されていないが、20億ドル以上と推測されていた。

 IBMは買収したThe Weather Companyの技術を、コグニティブコンピューティング技術を利用するIoT Cloudプラットフォーム「Watson Internet of Things」の土台とする。IBMは2015年3月にIoTに30億ドルを投じることを明らかにしており、2社の技術と知識を組み合わせることで取り組みを加速する。

 The Weather Companyのモバイルアプリは米国の利用者ベースで第4位で、クラウドサービスは毎日260億件の照会処理を行っているという。これを支えるThe Weather CompanyのクラウドデータプラットフォームをIBMのWatsonプラットフォームと統合することで、天気などのリアルタイム情報を企業やセンサのデータとの結びつけることが可能となるとしている。

 また、IBMのクラウドデータサービスプラットフォームのスケールと機能を拡大するだけでなく、The Weather Companyのエンタープライズサービス機能とコンシューマーへのリーチを広い地域に拡大する。具体的には、weather.comを日本、中国、インド、ブラジル、メキシコの5カ国に拡大するとしている。

 買収完了に伴い、The Weather CompanyでCEOを務めていたKenny氏がIBMでWatsonプラットフォーム事業を統括することも発表した。Watsonパートナーと開発者エコシステム、Watsonベースの新しいソリューションとAPIなどを監督するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]