Black & Decker社、戦略的PLMのバックボーンにPTC(R)Windchill(R)ソリューション導入を決定

一体型アーキテクチャ、強力なデータ管理・コラボレーション機能によりさらなる事業拡大と成功を支援

PTCジャパン株式会社 2008年10月23日

【2008年10月23日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:リチャード・ハリソン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:井上 公夫)は、Black & Decker社が工業製品グループにおける製品ライフサイクル管理(PLM)の戦略的取り組みに向けてWindchillの導入を決定したという米PTCの発表を明らかにしました。Black & Decker社は、電動工具およびアクセサリ、金物類、DIY製品、ファスニング・システムなどの製造販売をグローバルに展開するリーディングカンパニーです。今回のプロジェクトでは、Windchill PDMLink(R)、Windchill ProjectLink(TM)、Windchill PartsLink(R)、Windchill Enterprise Systems Integration (ESI) to SAP(R)等を導入し、PTCの保守ならびにトレーニングのサービスも活用する予定です。

Black & Decker社は、電動工具およびアクセサリの世界最大のメーカーとしてのリーダーシップを維持するために、品質とイノベーションに支障をきたすことなく納期を短縮できるようなPLMソリューションを必要としていました。また、同社の異種のCADが混在している環境やグローバル開発に必要とされる複雑なコラボレーションやデータ管理も支援できるソリューションを導入することにより、システム投資を最大限に活用するということも重要な課題でした。既存の製品データ管理(PDM)ソリューション機能を強化してこれらの課題に対応するため、Black & Decker社は代替PLMシステムを探していました。

PTCのコンテンツおよびプロセス管理ソリューションであるWindchillは、製品開発データ管理および社内外とのコラボレーションを実現します。Windchillの幅広く高度な機能は、Black & Decker社のようなメーカーに対し、品質、納期、革新性等に関わる戦略的取り組みを推進させ、一体型アーキテクチャは高品質で低リスクなソリューションを提供し、所有コストの低減にもつながります。

Black & Decker社グローバル製品開発担当副社長のジョン・ハウソン(John Howson)氏は次のように述べています。「Black & Deckerは世界中に数多くのデザインセンターや製造拠点を持つグローバル企業であるため、コラボレーションやデータ管理に関する要件はかなり複雑です。Windchillの導入により各地域やファンクション部門間で容易に連携できるようになりました」。

PTC社長兼CEOのリチャード・ハリソンは、「Black & Decker社が全社に展開するPLMソリューションとしてWindchillを選択し、今後同社のニーズに対応すべく支援していくことを非常に喜ばしく思います。製造業におけるリーディングカンパニーは革新性の追及、企業買収、グローバル化等により成長戦略を実行しているため、開発プロセスが急激に複雑化しています。PTCは強力なソリューションと複雑な課題に対応する専門性により、Black & Decker社をはじめ、数多くのお客様の製品開発プロセスの最適化を支援しています」と述べています。

* Black & Decker社の製品は以下のWebサイトよりご覧いただけます。
(リンク »)
(リンク »)


Black & Decker社について
Black & Decker社は高品質な電動工具およびアクセサリ、金物類、DIY製品、ファスニング・システムの製造販売を行うグローバルカンパニーです。同社製品およびサービスは世界100ヵ国以上で販売されており、11ヵ国に製造拠点を有しています。同社は、革新的製品、品質の高さ、エンドユーザー・フォーカス、デザイン、および提供価値で高く評価されています。同社の強力なブランド力と新製品の開発力は全世界で認知されており、グローバルに展開される同社の事業は他社を寄せ付けない規模を誇っています。
Webサイト:
(リンク ») (米国)
(リンク ») (日本)

PTCについて
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品ライフサイクル管理(PLM)、コンテンツ管理、エンタープライズ・パブリッシングの各ソフトウェア・ソリューションを世界50,000社以上の企業に提供しており、その中には製造、出版、サービス、官公庁そしてライフサイエンスなどの産業分野の革新的な企業が含まれます。PTCの株式はNASDAQ市場に公開されており、S&P Midcap 400とRussell 2000の両指標に含まれています。

PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区、社長:井上 公夫)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシットモデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、エンタープライズ・パブリッシング・ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内5事業拠点。
Webサイト: (リンク »)


* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill 、Windchill PDMLink、Windchill ProjectLink、Windchill PartsLink 、Pro/ENGINEER 、CoCreate、Arbortext、Mathcad、ProductViewなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR