サムスン電子、Scalado社のSpeedTags技術を統合し、JPEG性能を向上―サムソン電子のマルチ・メガピクセル級の次世代カメラ・モジュール、Scalado社のSpeedTags技術を組み込むことで、画像キャプチャ・管理を加速

JCN株式会社 2008年11月04日

サムソン電子は、Scalado社のSpeedTags(TM)技術についてライセンス供与を受け、3メガピクセル以上を特徴とした未来のモバイルSOCデザインへ統合するという内容の提携をScalado社と結びました。

Lund Oct 31 - サムソン電子は、Scalado社のSpeedTags(TM)技術についてライセンス供与を受け、3メガピクセル以上を特徴とした未来のモバイルSOCデザインへ統合するという内容の提携をScalado社と結びました。Scalado社の技術は、サムソン電子の画像センサー・モジュールへと組み込まれ、高解像度画像センサーで作成した大型ファイルの管理に利用されることとなり、JPEG画像の全体的な処理性能を大幅に向上します。この新技術を利用したカメラ・モジュールは、カメラ搭載携帯電話やPDAなどのモバイル・デバイスに組み込まれます。

Scalado社のビジネス開発担当副社長、ファディ・アッバス(Fadi Abbas)は、「 サムソン電子のモバイル・マルチ・メガピクセル画像センサーと当社のカメラ・エンジン技術とを合わせてご利用のお客様は、この重要な提携関係を通じて、メリットを享受することができます。両社技術の提供する性能と特徴により、低コストのカメラ搭載携帯電話においてでさえも、史上最高のデジタルカメラ性能が実現するためです。この提携関係を通じ、ゼロ・シャッターラグやバースト・モードなどの洗練された機能を含め、卓越した性能が実現します」と述べています。

SpeedTagsのカメラ・チップへの実装では、Scalado社のCAPS(TM)イメージング・スイートがサポートされます。CAPSは、カメラ搭載携帯電話を対象に最先端の機能を提供する強力なソリューションです。この結果として、高解像度ファイルの性能やデータ取り扱い機能が向上し、モバイル・デバイスでの画像閲覧体験が大幅に改善します。

Scalado社のマーケティング担当副社長、マグナス・インゲルステン(Magnus Ingelsten)は、「マルチ・メガピクセル技術の加速は、エンド・ユーザーの体験だけでなく、高解像度かつ簡単操作のインスタント・カメラやカメラ搭載携帯電話が牽引しています」と述べています。

概要: Scalado

Scalado社はスウェーデンのイメージング・ソフトウェア開発企業で、モバイル業界に特化しています。強力かつ拡張的で、いかなるカメラ搭載携帯電話にもモジュール対応した、モバイル用イメージング・ソフトウェア・ソリューションを提供しています。Scalado社の使命は、エンド・ユーザーに優れたユーザビリティを提供し、デバイス製造業者のハードウェア・コストを削減することにより、最高のイメージング体験を携帯電話上で実現することです。特許獲得済みの独自ソフトウェア技術により、メモリーやCPUの要件を抑えるという重要な性能上の問題に対応しています。Scalado社のCAPSは、カメラ搭載携帯電話向けの有力なイメージング・ソリューションで、2億機のデバイスに組み込まれています。

Scalado社は、2000年に創立され、スウェーデン、ルンド市のIDEONリサーチ・パークに本社を置いています。主要株主は、Scalado社の創立者に加え、Northcap Partners、Industrifonden、Teknoseedなどのベンチャー資本です。詳細につきましては www.scalado.com をご覧ください。

報道機関からのお問い合わせ
Andrew Ball/Chaz Brooks
Chazbrooks Communications
Tel: +44 (0)1483 537 890
E-mail: andrewb@chazb.com
www.chazb.com

Fadi Abbas, VP Business Development, Scalado
Scalado AB
Tel: +46 733 118 222
E-mail: fadi.abbas@scalado.com
www.scalado.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR