XOHM向けZyXEL社製 WiMAX CPEに関する調査報告書を出版:EJL Wireless Research

株式会社グローバル インフォメーション 2008年11月13日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社のEJL Wireless Research発行の最新英文調査報告書「ZyXEL XOHM WiMAX CPE Model MAX-206M2」の販売を開始いたしました。
EJL Wireless ResearchはDNA-I 報告書シリーズ(DNA-I research series)の中でXOHM用のZyXEL社製WiMAX CPEユニットについて報告しています。同社の創立者であり社長のEarl Lum氏は「近頃、ボルチモアのSprint社が、XOHMネットワークを公式に発表したことにより、現在、ワイヤレスブロードバンドの次世代技術は米国の消費者にとって利用可能となっています。」と述べています。Lum氏は続けて「我々は、米国において802.16e規格のモバイルWiMAX向けCPE製品を紹介する機会を持つことに興奮しています。この、初のXOHM向け製品が統合WiFi機能を持っていないことには失望しましたが、2009年にはさらに発展したCPEとWiMAXのフェムトセルが利用可能になると予測しています。」と伝えています。
同書は以下のコンポーネントおよび半導体サプライヤーについて取り上げています:・Diodes Inc.・Freescale Semiconductor・Infineon Technologies・Macronix International・Maxim Integrated Products・Monolithic Power Systems・national Semiconductor・NXP Semiconductors・ON Semiconductor・PMC Sierra・Samsung Electronics・三洋電機・Sequans Communications・Silicon Labs・Texas Instruments・TXC Corporation・Winbond Electronics Corp.【 英文市場調査報告書 】ZyXEL XOHM WiMAX CPE Model MAX-206M2ZyXELのWiMAXネットワーク対応CPE:MAX-206M2 (リンク ») Wireless Research出版日2008/10
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]