欧州のコネクタ市場は縮小、中欧・東欧はシェアを拡大

株式会社データリソース 2008年12月04日

英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は出版レポート「欧州のコネクタ市場調査:地域別概況、市場データ、関連企業情報」のプレスリリースにおいて、欧州のコネクタ市場は2009年前半は需要が低迷し、2009年後半も弱含みするものの、2010年に期待されていた欧州のコネクタ市場で回復は2012年に持ち越され、2007年の66億ユーロから上昇して74億ユーロに達するという予測結果を発表した。

欧州のコネクタ市場は、今年第4四半期初めからの世界恐慌によって大きく変化し、欧州全体を景気後退へと追い込んだ。2008年第4四半期の好調な予測は縮小し、2009年も欧州のコネクタ市場は下降するだろう。

市場がどこまで落ち込むのかは、定かではない。最新の指標によれば、確かにコネクタ市場は、消費者の信用収縮や自動車生産の低迷などの様々な産業の落ち込みの影響で、2009年前半は需要が低迷し、2009年後半も弱含みだろう。2010年に期待されていた欧州のコネクタ市場で回復は2012年に持ち越され、2007年の66億ユーロから上昇して74億ユーロに達するだろう。



最近のコネクタ市場の不安定な状況にもかかわらず、中央や東欧のコネクタ市場は堅調で、2012年までシェアを拡大し続けるとみられている。2007-2012年には、中央と東欧のコネクタ市場の年平均成長率は年6.4%で、市場規模は10億5900万ユーロから14億4700万ユーロに拡大するだろう。西欧市場がたった年1.4%の成長であるのとは好対照である。

英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社が1984年から出版しているシリーズの調査レポート「欧州のコネクタ市場調査:地域別概況、市場データ、関連企業情報」は、欧州のコネクタ市場を調査し、2012年までの国・製品毎の予測、2007年のトップサプライヤ27社のランキング、主要企業のプロファイル、欧州の生産設備のリストを提供する。

[調査レポート]
欧州のコネクタ市場調査:地域別概況、市場データ、関連企業情報
The European Connector Industry 2007-2012
(リンク »)

[リードエレクトロニクスリサーチ社 (Reed Electronics Research) について]
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]