ウォルフソン、低価格で高品質のオーディオを実現する新型DACを発表

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス 2009年07月09日

From ValuePress!


デジタルTV、ブルーレイ、セットトップ・ボックス、ゲーム機で高品質のオーディオを実現し、コストを大幅に削減

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社は本日、ホーム・オーディオ向けデバイス製品群の最新デバイスである2Vrmsグラウンド・リファレンス出力のステレオDAC、WM8523およびWM8524を発表しました。WM8523およびWM8524は、システム全体のコストを従来よりも低く抑えた上で、今日の民生機器に要求される卓越したオーディオ性能を提供します。両製品は、およそ18点にまでおよぶ外部部品を減らし、貴重なPCBエリアを開放することで、業界最少のオフチップ部品点数を実現しています。これによって、BOMコストの大幅に削減し、電源分配を簡素化できるので、最終製品メーカーは、最少の開発コストで、高性能のオーディオ性能を得ることができます。

ウォルフソン 高性能オーディオ製品担当マネージャ ジョン・クロフォード談
ホーム・エンターテイメント製品における今日のオーディオ・システム設計の最大の課題の1つは、電源投入時に発生するポップ・ノイズの抑制です。システム設計者は、ポップ・ノイズを除去するため、時にはコストのかかるミュート回路を追加しなければなりません。ウォルフソンの革新的なチャージ・ポンプ技術は、DCオフセットが1mV以下の出力信号を生成することでポップ・ノイズの発生を抑制するため、ミュート回路が不要になります。オーディオはエンドユーザーのマルチメディア体験において重要な差別化要因となるので、手頃な価格での高性能のオーディオ・ソリューションに対しては明確なニーズがあります

WM8523およびWM8524の独自のチャージ・ポンプ・アーキテクチャは、外付けアンプや高価でノイズの多い9Vまたは12Vという高電圧の電源を必要とせず、標準的な3.3Vの単電源レールからポップ・ノイズのない2Vrmsのステレオ出力を生成します。卓越したミュート機能およびクロストーク性能を実現したS/N比106dBのオーディオ性能を提供することにより、WM8523およびWM8524はユーザにクリアで優れたオーディオ体験をもたらします。

WM8523およびWM8524は、1kオーム負荷のライン出力を駆動し、業界最小のDCオフセット電圧でグラウンド・リファレンス出力を生成することができるので、ポップ・ノイズやクリック・ノイズが効果的に低減することに加えて、外付けミュート回路やDCブロッキング・コンデンサが不要となります。よって、最終製品メーカーはオーディオ性能を一切妥協することなく、簡単にしかも低コストで3.3Vの単電源から2Vrmsの出力を得ることができます。

WM8523およびWM8524は、一般的なマスタークロック・レートとオーディオ・サンプリング・レート-8 kHzから192kHzまで-を使用した24ビット精度のD/A変換をサポートします。WM8523は、ソフトウェアで制御可能なデバイスで、I2CおよびSPI規格に準拠したシリアル・コントロール・インターフェース経由でのコンフィギュレーションにより-100dBから+12dBまでのボリューム・コントロールをおこなうことができます。WM8523およびWM8524は、ハードウェアでの制御も可能です。

出荷時期:
WM8523は、20ピンTSSOPまたは24ピンQFNパッケージでサンプル出荷されています。
WM8524は16ピンTSSOPパッケージで販売中です。








【本件に関するお問い合わせ先】
ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社
営業部 滝田 寛
TEL : 045-440-1230
E-mail : hiroshi.takita@wolfsonmicro.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクスの関連情報

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。