グリーンコンピューティング:PCによる環境への影響を緩和、より安全な材料を使用したサーバ、消費電力の削減

株式会社データリソース 2009年07月06日

グリーンPC、グリーンノートPC、グリーンサーバが、PC及びサーバ市場に占める割合を調査

パーソナルコンピュータとサーバは、非常に大きな電力を消費し、電力消費量動向を悪化させ、汚染の拡大につながる。コンピュータ製品はその本体だけでなく、非効率な製造やパッケージングにも有害物質が含まれ、再使用や再利用物質を使用しないことで環境に悪い影響を与えている。世界、特にアフリカや東欧の発展途上国の埋め立て地に埋められ、大気や地下水源に染み出し、人間、動物、植物に潜在的な健康被害を引き起こしている。米国調査会社NextGenリサーチの調査レポート「グリーンコンピューティング」は、グリーンPC、グリーンノートPC、グリーンサーバが、PC及びサーバ市場に占める割合が、予測期間中にどれ位増加するかを調査している。2009年には、2490億ドルのPC市場全体の6分の1以下の370億ドルであるが、2013年には全体の3230億ドルの3分の2近くを占める1900億ドル以上となるだろう。


◆調査レポート
グリーンコンピューティング:PCによる環境への影響を緩和、より安全な材料を使用したサーバ、消費電力の削減
(リンク »)


◆米国NextGenリサーチについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]