編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

急速に成長し続けるモバイルバックホール機器市場

株式会社データリソース

2009-06-10 00:00

Mobile Backhaul Equipment and Services
カリフォルニア州キャンベル、2009年5月27日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社が年2回刊行する調査レポート「モバイルバックホール機器とサービス」は、モバイルバックホール機器、接続、セルサイト、サービス料金について記載している。この調査レポートが注目しているのは、下記のとおりである。


主席アナリストMichael Howard氏の注目点

帯域幅を多く使う携帯電話アプリケーションの人気によって、モバイルネットワークでのデータ利用による、バックホールネットワークのトラフィックは激増している。AT&Tの幹部社員が今月、AT&Tのモバイルバックホールネットワークの50%は、AT&Tの全ユーザ7800万のうちの数百万しかいないiPhoneユーザによるものだと語った。まもなく、2010年には、モバイルネットワークのデータトラフィックは、音声を上回るだろう。あらゆるキャリアは、このIPデータトラフィックの激増に対応するために、バックホールの帯域幅を拡大しているが、最も効率的でコスト効率のいい方法はTDMからパケットIP/イーサネットへの移行であり、そのためモバイルバックホール機器市場は成長するだろう。


◆調査レポート
モバイルバックホール機器とサービス
Mobile Backhaul Equipment and Services
Biannual Worldwide and Regional Market Size and Forecasts
(リンク »)


◆米国市場調査会社 インフォネティクスリサーチ社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]