Kabira Technologies社、拡張日本語ウェブサイトの開設を発表

JCN株式会社 2009年07月23日

ウェブサイトの日本語版追加により、Kabira社の日本市場へのコミットメントを再確認

Tokyo, July 23, 2009 - (JCN Newswire) - メモリベース・トランザクションコンピューティングのグローバル専門企業Kabira Technologies社は、企業ウェブサイト www.kabira.com を更新・拡張して、日本語版サイトを開設したことを本日発表しました。

世界からKabira社ウェブサイトをご覧になる方々は、ホームページ www.kabira.com にアクセスし、左上の「日本語」を選ぶと、大部分を日本語で読むことができます。さらに、地理位置情報技術に基づいて、日本にいらっしゃるサイト閲覧者には自動的に、英語版でなく日本語版のwww.kabira.comがデフォルト表示されます。英語版サイトをご覧になりたい場合は、ホームページ左肩の「English」をクリックすればよいだけです。

旧日本語版サイト www.kabira.co.jp にアクセスされた場合は、同じ日本語の www.kabira.com サイトに切り替わります。

「Kabira社のお客様の数は日本で急速に伸びていますので、Kabira社とのビジネスの利便性をできるだけ図ることは、日本の市場に対する弊社の義務だと思います。」と、Kabira社事業開発担当副社長Chris Clabaughは述べました。「会社について、また、電気通信、モバイル決済、インフラなどのソリューションについて、日本語で最新情報をお届けすることにより、日本にいらっしゃる既存のお客様、パートナー、新規にお取引いただけるかもしれないお客様へのサービスを、向上させることができます。」

新しい日本語版Kabira社ウェブサイトは、さらに充実される予定です。現在日本語訳されていないページについても、すぐに翻訳版ができる予定です。

Kabira社と製品についての詳細や、今回開設された日本語ウェブサイトの閲覧には、 www.kabira.com をご覧ください。

Kabira Technologies社について

Kabira Technologies社(Kabira社)は、10年以上にわたり実績ある「超高速トランザクション処理」ソフトウェアを、企業に提供してきました。リアルタイムで常時利用可能なプロセスのニーズに対応するように設計されたKabira社の製品は、カード決済処理や請求などのミッションクリティカルなビジネスアプリケーションに重要なインフラ機能や、リアルタイム電気通信サービスのプロビジョニングなどを提供します。Kabira社ソフトウェアは、すぐに実装でき、他社製品よりかなり低いコストで、さらに高いパフォーマンスを提供します。Kabira社製品は、40か国以上100社以上のお客様に導入されてきました。VISA社、AT&T社、France Telecom社、Bank of America、アルカテル社などが、重要なリアルタイム・ビジネス・プロセスで、Kabira社を利用しています。Kabira Technologies社は、株式非公開会社です。

Kabira・Kabira Charging・Kabira Provisioning and Service Activation・Kabira Payments・Kabira Mobile Transaction Hub・Fluency・Kabira FluencyおよびKabiraのロゴは、米国またはその他の国で、Kabira社とその関連会社の登録商標・登録サービスマーク・商標・サービスマークのいずれかです。これらのマークは、Kabira社からのライセンスにより明示的に許可されない限り、Kabira社に属していない製品・サービスと関連させて使用することはできません。また、お客様の混乱の元になりかねない方法や、Kabira社やそのランセンサー・子会社・関連会社を非難したり信用を傷つけるような方法で、これらのマークを使用することは、いかなる形でもできません。その他の商標は、それぞれのオーナーの所有物です。

Kabira社お問い合わせ先(南北アメリカおよびアジア)
Sharon Kawaguchi
1 650 931 3746 (USA)
skawaguchi@kabira.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。