中国の大きなブロードバンドサービス需要による世界最大のブロードバンドアグリゲーションハードウェア市場

株式会社データリソース 2009年08月12日

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は調査レポート「アジア太平洋地域のブロードバンドアグリゲーションハードウェア - Broadband Aggregation Hardware in Asia Pacific」のプレスリリースにおいて、2008年はHuaweiとZTEが中国におけるIP DSLAMとMSAP市場のトップ企業だったという調査結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社の年刊調査レポート「アジア太平洋地域のブロードバンドアグリゲーションハードウェア - Broadband Aggregation Hardware in Asia Pacific」は、中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域とこの地域全体の、マルチサービス接続プラットフォーム(MSAP)とIPデジタル加入者線接続回線多重化装置(IP DSLAM)のベンダ市場シェアと市場規模を調査している。

主任アナリストJeff Heynen氏の注目点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国の主導によって、アジア太平洋地域には、ブロードバンドアグリゲーションハードウェアの世界で最も大きなビジネスチャンスがある。中産階級の増大、政府の積極的なブロードバンドイニシアチブ、中国の新規に再編された通信会社のプレミアムブロードバンドサービスによる加入者維持の激しい競争によって、中国のブロードバンドアグリゲーション機器への投資額は非常に大きいものとなっている。銅線からファイバーベースのPONやイーサネットFTTHへの移行に伴って、DSL市場全体は縮小しているものの、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、インドネシアのサービスプロバイダがトリプルプレーサービスを配信するためにADSL2+やVDSL2を導入するため、この縮小は減速するだろう。

市場調査レポートのハイライト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2008年の中国では、HuaweiとZTEがIP DSLAMとMSAP市場のトップ企業だった
2008年のその他のアジア太平洋地域では、Alcatel LucentがIP DSLAM市場をリードした
アジア太平洋諸国のベンダは、一般に比較的国家主義的であり、サービスプロバイダはしばしば現地のサプライヤと共に「よき息子」として機能する
アジア太平洋地域の既存のサービスプロバイダは、欧州や北米の企業と同様に、モバイル通信への移行による地上通信線収益の損失に直面しており、顧客を確保し、既存の設備を生かしてより高い収益を得るために、音声、ビデオ、インターネットサービスのバンドリングサービスに転換しようとしている。

調査レポートの概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この調査レポートは、 中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域の、MSAPとIP DSLAM (ADSL、G.SHDSL、VDSL、PON OLT、Ethernet OLT、DS0)などのブロードバンドアグリゲーションハードウェアの市場シェア、市場規模、予測を記載している。調査対象企業は、Alcatel-Lucent、Corecess、Dasan Networks、ECI、Ericsson、Fiberhome、富士通、Huawei、Millinet、日本電気、Nokia Siemens、三星(Samsung)、住友、Ubiquoss、UTStarcom、Zhone、ZTE、Zyxelなどである。

【調査レポート】
アジア太平洋地域のブロードバンドアグリゲーションハードウェア:中国、日本、インド、韓国など
Broadband Aggregation Hardware in Asia Pacific
Annual Market Share, Size, and Forecasts: China, India, Japan, South Korea, and Rest of Asia Pacific
(リンク »)

インフォネティクスリサーチ社 (Infonetics Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。