モバイルクーポンとスマートポスターの収益で、2012年までに300億ドルを上回るNFCモバイル決済

株式会社データリソース 2009年09月09日

英国の調査会社ジュニパーリサーチ 社がNFC携帯電話決済市場を 調査、関連アプリケーションや機器市場の分析・予測を掲載した「NFCモバイル決済市場:市場動向、アプリケーションとサービス、2014年までの市場予測 - NFC Mobile Payments & Marketing OpportunitiesForecasts & Analysis 2009 - 2014 」を出版

英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「NFCモバイル決済市場:市場動向、アプリケーションとサービス、2014年までの市場予測 - NFC Mobile Payments & Marketing Opportunities: Forecasts & Analysis 2009 - 2014」は、クーポンやスマートポスターによるモバイル小売マーケティングツールとしてのNFC(近距離無線通信)アプリケーションは、NFCモバイル決済の取引金額の成長を促進し、2009年の80億ドルから3年で300億ドルまで成長するだろうと報告している。

NFCの市場潜在性は大きいと見られており、ベンダ各社は、新しいNFC機能付きの携帯電話よりも、既存の携帯電話によって早く売り出そうと、ステッカーやSDカードなどの様々な暫定的なソリューションを開発したり商用化したりしている。

この調査レポートの著者Howard Wilcox氏は、「NFC決済を利用しようとしている人は多く、人々の購買行動を革命的に変化させるだろう。スマートポスターやクーポンや製品情報を受信する機能も、販売業者に新しい販売チャネルを提供するだろう。また、ベンダは将来、携帯端末に幅広い機能を付帯しようとしているが、暫定的なソリューションによって、ユーザーが魅了されるか否かを見極めることができる」と語る。

この調査レポートは、下記についても調査した。

●最初のNFCデバイスの商用化は2009年後半で、2011年に市場が急成長するだろう
●NFC/Felica(フェリカ)決済は既に日本で確立しているが、北米と欧州では2014年まで急成長するだろう
●2012年には、世界のNFCの総取引金額は300億ドルを上回るだろう

この調査レポートは、モバイル決済市場とスマートポスターやクーポンなどのモバイル小売市場のビジネスチャンスを調査し、ステッカーやSDカードなどの新しい暫定的なソリューションについても記載している。世界の8つの地域の、NFC機能のあるデバイスの出荷数、暫定的なNFCソリューション、決済に使用されるNFCデバイス、取引件数、取引金額、クーポンやスマートポスターのARPUの、2014年までの詳細な市場予測を記載している。

ジュニパーリサーチ社は、主要企業の管理職クラスへのインタビューを行った。

【調査レポート】

NFCモバイル決済市場:市場動向、アプリケーションとサービス、2014年までの市場予測
NFC Mobile Payments & Marketing Opportunities Forecasts & Analysis 2009 - 2014
(リンク »)

◆英国市場調査会社 ジュニパーリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Tolal Value of NFC Trancsactions 2009 to 2014

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]