2009年に自動車生産1000万台を上回る中国

株式会社データリソース 2009年09月09日

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「中国の自動車市場調査 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測- China Automobile Sector Forecast to 2012」において中国の自動車産業が2009年4月に前年比25%上昇の115万3千台の最高記録を更新したことを発表しました。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「中国の自動車市場調査 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測 - China Automobile Sector Forecast to 2012」は、自動車産業に最も大きな打撃を与えた世界景気の減速と不況にもかかわらず、中国の自動車産業は堅調に成長し続けている。中国の国産車メーカーは、2009年4月に前年比25%上昇の115万3千台の最高記録を更新した。

中国は今年の初めに米国に追いつき、世界最大の自動車市場となった。この調査レポートによれば、2008年の中国市場は1000人当たり乗用車22台と、米国や日本などの先進国に比べると非常に低い普及レベルである。そのため、中国の自動車産業の市場成長性は非常に高いと考えられる。

また、政府の様々なインセンティブによって、ハイブリッド車や電気自動車などの新しい動力による自動車も、大きな成長を期待できる。多くの国産車メーカーや外国メーカーが大きな投資を行っており、ますます成長が期待される。

この調査レポートは、中国の自動車産業について調査している。中国の自動車メーカーと、乗用車、商用車、多目的車、二輪車、自動車用部品などの様々なセグメントについての詳細な分析を記載している。それぞれの分野の現在と将来の市場動向、中国の自動車市場の成長、代替燃料の自動車市場と将来性、自動車保険や鉄鋼業、中古車市場、自動車向けエレクトロニクス市場、バイオ燃料産業などの関連市場についても調査している。

中国の自動車産業についての過去と現在の情報と、世界の自動車生産における中国のシェア、自動車生産、乗用車の在庫、商用車の生産、オートバイの生産、自動車保険の保険料収入、自動車向けエレクトロニクス市場、エタノール消費などについても記載している。


【調査レポート】

中国の自動車市場調査 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測
China Automobile Sector Forecast to 2012
(リンク »)

◆インド調査会社 RNCOS社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]