各種通信メッセージを電子メールに統合して一元管理を可能にする「SecureCube / Message Crawler」を発売

情報漏えい対策が効率的かつ強固に

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2009年09月30日

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増谷洋、以下「NRIセキュア」)は、企業における各種通信メッセージを、電子メールに統合して一元管理する「SecureCube / Message Crawler(セキュアキューブ/メッセージクロラ)」を本日、発売します。

内部統制への対応などから、金融機関を中心に、電子メールの記録保管や監査が定着しつつあります。一方で、携帯端末のメールや、インスタントメッセージ、ブログ、金融情報ベンダーが提供しているメッセージサービスなど、コミュニケーション手段は多様化しているものの、コストや作業負荷の問題から、それらについては電子メールと同様の管理ができていないのが現状です。そのため、情報漏えいのリスクを減らすためにも、電子メールを含むすべての通信メッセージログの取得や一元的な管理が急務となっています。


この度、NRIセキュアが発売する「SecureCube / Message Crawler」は、こうした問題を解決するために、通信メッセージログを収集し電子メールに変換して、社員の電子メールアカウントにひも付け、電子メール形式で一元管理することを可能にしました。また、既に電子メールの記録保管や監査の対策のためのシステムを導入している場合は、既存システムを修正することなくそのまま活用できるため、メッセージログの取得・管理の効率化と通信メッセージログをそれぞれ管理していた運用負荷の軽減を実現します。


■「SecureCube / Message Crawler」の主な機能
・下記の通信メッセージログを各管理システムから自動的に収集
・収集したログを電子メール形式に変換
・通信メッセージベンダーが提供するサービスのアカウントを、それぞれ社員の電子メールのアカウントにひも付けし、統合
・収集した通信メッセージログの取得元情報を、変換した電子メール内に記録
・電子メールに変換したメッセージを、既存の電子メール記録保管システムや監査システムへ転送し、ファイル出力も可能


■「SecureCube / Message Crawler」が対応している通信メッセージ(2009年9月時点)
・金融情報ベンダーが提供するメッセージサービス
・NRIセキュアが提供するセキュアなファイル送受信サービス「クリプト便」


「SecureCube / Message Crawler」は、みずほ証券株式会社に2009年8月に先行導入されました。それまで、みずほ証券では、電子メールと金融情報ベンダーが提供するメッセージサービスのログを収集し、監査を実施していましたが、金融情報ベンダーが提供するメッセージサービスのログは、収集方法、書式、アカウントなどが電子メールと異なるため、個別にログ収集や監査を行う必要があり、運用に負荷がかかっていました。「SecureCube / Message Crawler」を導入することで、既存の電子メール収集、監査システムを活用し、すべてのログを一元管理することが可能になり、ログ監査業務の効率化と作業負荷の軽減が実現しました。


NRIセキュアでは、今後「SecureCube / Message Crawler」が対応できる通信メッセージログの種類を順次拡充していく予定です。

このプレスリリースの付帯情報

「SecureCube / Message Crawler」の利用イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。