二酸化炭素回収、隔離

株式会社データリソース 2010年01月12日

排出量取引の世界市場概観

人類が排出する二酸化炭素や、その他の温室効果ガスが地球の気候変動に影響を与えることは、科学的な団体などによって認められている。炭素排出量対策の大きな筋道として、二酸化炭素が生成された時点で回収し、安全な施設に運搬して長期貯蔵を行う二酸化炭素回収(CSS)と、二酸化炭素を排出する生成者たちが、二酸化炭素の排出量を予測して金額を割当て、その割当分を利用しないものから多く排出するものへと売買することができる排出量取引の二つがある。この調査レポートは、二酸化炭素の回収と、排出量取引の市場の両方について調査し、主要な牽引要因と、それぞれの技術、法規制、企業などを記載している。

【調査レポート】
二酸化炭素回収、隔離、排出量取引の世界市場概観
Carbon Capture, Sequestration, and Emissions Trading
The Outlook for Global Carbon Markets
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。