炭素管理用のソフトウェアとサービスの市場は2017年に10倍以上に拡大

株式会社データリソース 2010年01月29日

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が二酸化炭素回収と二酸化炭素隔離の市場を調査した「炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測 - Carbon Capture and Sequestration : Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts」を出版

企業が、自社の持続性プログラムや産業界のイニシアチブ、政令にみあう目標を定めるために、自社の二酸化炭素排出量を正確に測定し削減する方法を模索するために、企業向けの炭素管理ツールは、現在世界中で採用され、実装されている。米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「炭素管理ソフトウェアとサービスの市場調査:ビジネス促進要因、政策、導入企業例、市場勢力図、市場予測 ー Carbon Management Software and Services:Business Drivers, Policy Issues, Enterprise Adoption Patterns, Competitive Landscape, and Market Forecasts」は、炭素管理向けのソフトウェアとサービスの世界市場は、年平均成長率(CAGR)40%以上で成長して、2009-2017年に3億8400万ドルから43億ドル以上に拡大するだろうと予測している。

「炭素会計は初期市場であるが、ダイナミックな分野である。しかし、ベンダーは非常に断片化している。多くの新興市場と多くの既存企業が競争しており、重量級のソフトウェア企業やとITサービス会社が混在している」とパイクリサーチ社のClint Wheelock氏は語る。

今後5年間にわたって注目する炭素管理企業は、Hara、PE International、IHS、SAP、IBM、CA、SAS、Symantec、Deloitte、PwC、Accentureなどである。これらの内の数社が、自社の開発したツールを顧客に無料や低コストで提供することから、競争が始まっている。

現在西欧は、炭素管理ソフトウェアとサービスの最大の市場だが、パイクリサーチ社は2013年には北米がトップになると予測している。今後数年間は、この2地域が世界の炭素管理市場の80%を占めるだろう。

この調査レポートは、世界と地域市場の、炭素管理の市場傾向と、2017年までの地域毎と垂直市場毎の市場成長予測を記載している。主要なソフトウェアとサービスベンダのSWOT分析と、大企業のエンドユーザの炭素管理イニシアチブの分析を記載している。


【調査レポート】
炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測
Carbon Capture and Sequestration : Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts
(リンク »)

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]