日立情報とPPCがBPMサービス事業で提携

-PPCのBPM製品「jCOM1」を活用したサービスを日立情報が開始-

株式会社日立システムズ 2010年03月31日

 株式会社日立情報システムズ(所在地:東京都品川区、執行役社長:原 巖、以下 日立情報)とパワード プロセス コンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:力 正俊、以下 PPC)は、PPCが国内に提供しているBPM製品「jCOM1」(ジェイコムワン)を活用したBPMサービス事業において、戦略的パートナーシップ契約を締結しました。日立情報では、本契約に先立ち「jCOM1」を自社で導入し、その経験とノウハウを活かして同製品を活用したBPMコンサルティングサービス(以下 BPMサービス)を開始します。

 日立情報では、最適なビジネスプロセスの提供を通じて顧客企業の継続的なビジネスを支援することを目的に、2008年よりBPMサービスを提供しています。その強化を目的に「BPMサービス本部」を2009年10月に設立し、これまで培ったBPMの手法を顧客だけでなく自社内にも、教育などを通じて展開しています。


 昨今、M&Aによる組織変革などの外的要因のほか、コンプライアンスの強化や継続的な業務改善などの社内的観点からBPMのニーズはますます高まっています。日立情報ではこれまでの取り組みを通じて、BPMサービスのさらなる拡大を図るにはコンサルティングの効率性向上が重要であると考えました。そのためには、簡単なモデリングで業務プロセスを実行環境に即時変換できるBPM製品が有効であり、これを実現する製品として「jCOM1」を選択しました。


 PPCは、独jCOM1(ジェイコムワン)社の国内総販売代理店として、2009年2月より同製品を国内に提供しています。「jCOM1」は、業務ユーザ間のコミュニケーションフローを中心に据えた、人や組織を基点にプロセスを描く手法である「サブジェクト指向」のBPM(S-BPM:Subject-oriented BPM)製品です。業務ユーザ自らがプロセスモデル作成と最適化を行うことが可能であり、モデリングからビジネスプロセスの実行まで、技術部門やIT部門とシームレスに統合することが可能です。これは、作成したプロセスモデルと実業務との乖離や、高額な外部コンサルティング料金がしばしば課題となる従来型BPMと一線を画すアプローチです。現在、製造、金融をはじめとする多くのグローバル企業がこのアプローチに着目し、「jCOM1」を採用しています。


 日立情報とPPCは、本契約を機に、マーケティング活動やコンサルティングでも協力してBPMサービスを展開します。日立情報では、既存顧客やグローバル展開している様々な分野の新規企業に対して、「jCOM1」を活用したBPMサービスを提供していきます。PPCは今回の提携により、日立情報のBPMサービスの実績とノウハウ、「jCOM1」の社内導入の経験、営業力をベースに、「jCOM1」拡販の加速を図ります。


 日立情報が「jCOM1」を採用したもうひとつの要因として、開発元である独jCOM1社の日本市場に向けた取り組みが挙げられます。具体的には、日本企業のニーズが製品開発にも反映されることや、PPCを介してさまざまなサービスや支援が提供されることが決め手となりました。


 これについて、独jCOM1社のCEOであるハーバート・キンダーマン氏(Herbert Kindermann)は、「jCOM1社では、製品戦略と市場戦略の側面に置いて日本を極めて重要な市場と捉えています。それは、日本人のきめ細かい気質や組織を重視した仕事の進め方がjCOM1の開発においても標準となること、そして今後予定しているアジア市場進出に向けた拠点となることからです。こうした意味においても、BPMサービスにおいて豊富な経験と実績を兼ね備えた日立情報との提携は極めて重要です。われわれはjCOM1を活用した日立情報のBPMサービス事業に期待するとともに、最大限の支援を提供していきます」と述べています。




【株式会社日立情報システムズについて】
日立情報システムズは、パッケージを活用したシステムの設計・開発からネットワークの構築・運用、データセンタによるシステム運用まで、一貫したソリューションの提供を強みとするITサービス企業です。1959年の創立以来、自治体・金融機関・製造業・流通業など、社会の情報化に関わる幅広い分野で、高信頼のITサービスを提供しています。ホームページ詳細は (リンク ») をご覧ください。


【パワード プロセス コンサルティング株式会社について】
パワード プロセス コンサルティングは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)のコンセプトに立脚したコンサルティングサービスを提供するコンサルティングファームです。BPMに関し豊富な経験を持ち、様々なビジネスモデルに精通するコンサルタントがBPMの実践と浸透、内部統制、プロセス指向のIT構築などのコンサルティングサービスを通じて、お客様の経営を支援しています。ホームページ詳細は (リンク ») をご覧ください。




*記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!