編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Russell大中華圏インデックス:2010年のバリュー株のパフォーマンスが堅調

JCN株式会社

2010-11-11 12:30

Seattle,WA, Nov 11, 2010 - (JCN Newswire) - Russell大中華圏ブロード・マーケット・インデックスは、2010年11月8日締めの第4四半期で、非常に堅調な9.4%のリターンを示しています。現在までの1年間では8.4%となります。


この地域のバリュー株は、今四半期の現在までに、成長株より高いパフォーマンスを上げました。バリュー株のゲインは9.7%で、成長株は9.2%です。事実、2010年第2四半期におけるシフトを除き、Russell大中華圏バリュー・インデックスは、この一年間一定してRussell大中華圏成長株インデックスのパフォーマンスを上回っています。YTD (year-to-date)のリターンは、Russell大中華圏バリュー・インデックスが19.8%で、Russell大中華圏成長株インデックスは17.6%です。


-----------------------------------------------------------------
QTD YTD
Russellインデックス 2010 2010 2010 (2010/ (2010/
-----------------------------------------------------------------
Russell大中華圏
インデックス -0.8% -6.8% 17.1% 9.4% 18.4%
-----------------------------------------------------------------
Russell大中華圏
バリュー株インデックス 0.4% -8.0% 18.3% 9.7% 19.8%
-----------------------------------------------------------------
Russell大中華圏
成長株インデックス -1.5% -6.2% 16.4% 9.2% 17.6%
-----------------------------------------------------------------


Russellグローバルインデックスには、61か国10,000以上の証券が含まれており、投資可能なグローバルマーケットの98%をカバーしています。ベンチマーク中の全証券は、規模・地域・国・セクターにより分類されています。主なコンポーネントの日次リターンは、 (リンク ») からご覧いただけます。


免責条項: (リンク »)


注: インデックスは管理されていませんので、直接投資はできません。リターンは過去の業績を示すものであり、将来の業績を保証するものではなく、特定の投資を示唆していません。Russellのインデックス公表は、特定の証券への投資に魅力があることを示唆したり、Russsellの声明や意見を暗示するものではありません。ある証券がインデックスに含まれていても、Russellがその証券を宣伝・後援・推薦していることにはなりません。また、Russellは、Russellインデックスに含まれるいかなる証券の業績についても、表明または保証を行いません。
Russell Investment Groupは、米国ワシントン州の企業で、Russell Investmentsなど世界各国の子会社を通じて事業を行っています。また、同社は、Northwestern Mutual Life Insurance Companyの子会社でもあります。


詳細情報のお問い合わせ
Lauren Goble
lauren@ryanfin.com
+852 9703 9161
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]