編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

話題のKY診断「空気読み。」に、待望の最新作が登場!

株式会社ジー・モード

From: PR TIMES

2010-12-01 15:22

株式会社ジー・モード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 宮路武
(リンク ») )は、空気読めてる度診断ゲーム「空気読み。」
の最新作『空気読み。2』を、本日より配信開始いたしました。



■あの“空気読めてる度”診断ゲームの最新作が登場!

120万ダウンロードを突破した話題のKY度診断ゲーム「空気読み。」の最新作が、
約2年半の時を経てついに登場! その名も『空気読み。2』!!
問題はすべて新しいものが収録されているのはもちろん、
そのシチュエーション自体も前作を凌ぐ面白さ(とバカバカしさ)!
その他にも、グラフィックがやたら丁寧になっていたり、前作に登場した
アイツやコイツが新しい展開を迎えていたりと、さまざまなパワーアップを
果たしています。



■空気読み問題が、怒涛の100問!

次々に出題されるあらゆるシチュエーションに対し、画面内の
「赤いもの=プレイヤー」を動かす事で“空気を読む”ゲーム、
それが「空気読み。」です。

例えば・・・
電車内で空き缶が転がっていた場合、どう対応すれば良いか?
興味の無い長話には、どう反応するのがベストか?
口臭予防ミント的なものを人にあげる際の、丁度良い分量とは?
などなど、瞬時に空気を読んで、適切な行動を取る事が必要になります。

また、本作では新しい空気読みシチュエーションが計100問も登場!
もちろん、前作を遊んだ人もそうじゃない人も120%楽しめる、
格段に進化した内容になっています!



■診断結果がより詳細に!

『空気読み。2』では、診断結果に関しても大幅にパワーアップしています。
問題を解き終わった後の"空気読めてる度"診断では、総合得点のほかに
"空気読めてる度"の要素を10項目のカテゴリーに分類した、より詳細な
診断結果を“通知表形式”で見ることが出来るようになっています。



■Twitter機能を搭載!なんと1,000種類以上も!

さらに本作では、「Twitter」機能を新たに搭載!
各問題毎のコメントや、自分の診断結果についてのコメントなどを、その場でアプリからつぶやけるようになりました。しかも、そのつぶやきの種類はなんと1,000種類以上!
友だちや家族、フォロワーのみんなを巻き込んで、盛り上がること必須です!



■全国のプレイヤーと結果を比較!
日本全国のプレイヤーたちと"空気読めてる度"を比較できる機能も新たに搭載。
問題別や出身県別、性別、年代別など、さまざまな角度で結果を比較することが
できようになっています。
ほかのプレイヤー達と比べて、自分の"空気読めてる度"はどのくらいなのか?
どの都道府県の出身者が一番空気を読めているか?など、気になる統計データが
随時更新されていきます。



***********************
『空気読み。2』 

【ドコモ】 好評配信中!
テトリス&Getプチアプリ/月額 105円(税込)~
iMenu → メニューリスト → ゲーム → ミニゲーム → テトリス&Getプチアプリ


※au、SoftBankは順次配信を予定しております。


ゲーム詳細⇒  (リンク »)
***********************
(C)G-mode

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]