(株)理経、韓国WiPAM社のパワーアンプモジュールを販売開始 WiPAM社と販売代理店契約を締結

株式会社理経 2011年01月07日

株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳勝栄)は韓国WiPAM社(本社:ソウル、CEO:Mr. Daekyu Yu)と新規販売代理店契約を締結し、パワーアンプモジュールを販売することを発表致します。

WiPAM社(WiPAM(Wireless Power Amplifier Module),Inc)は、韓国・ソウルに本社を構えるファブレスのメーカーです。2006年創業とまだ若い会社ですが、WiPAM社のパワーアンプモジュールは、既に、韓国・国内外の通信オペレーター向けUSBモデム、携帯電話に搭載されています。


パワーアンプの効率は、携帯端末のバッテリー寿命を決定するという意味で、近年、ますます注目されています。最近のモバイル通信装置は高速データレートに対応するため多重化方式の一つであるOFDM(Orthogonal frequency division multiplex)変調を採用しています。低/平均電力領域において効率を向上させるテクニックはDC-DCコンバータやスイッチ等追加部品により可能となります。WiPAM社では、独自の回路設計技術で、高性能なパワーアンプモジュールを開発し、システムの「低消費電力化」「高バッテリー寿命化」に貢献しています。


また日本・韓国などにおいても、2015年度には5,000万規模の加入が予想される「LTE端末向け」の他にも、「WiMAX向け」、「WCDMA向け」パワーアンプソリューションを提供します。



*WiMAXアプリケーション(2.3GHzバンドWiBro/WiMAX、2.5GHz WiMAX)
*LTEアプリケーション (700MHzバンド&2.5GHzバンドLTE)
*WCDMAアプリケーション (1.9GHzバンド WCDMA/LTE)



理経は、WIPAM社と共にパワーアンプモジュールを国内外のモバイル端末メーカー、モバイルデバイスメーカーなどに拡販していく計画です。



【WiPAM社について】
2006年に設立された韓国のファブレスのパワーアンプモジュールメーカー。移動通信システム向けに、より高性能パワーアンプモジュールを供給しています。その高い技術は、韓国にて高く評価されており、WiPAM社のパワーアンプモジュールが、数々のモバイル
端末・デバイスに採用されています。
詳しくは、下記のURLをご参照ください。
URL: (リンク »)




【お問い合わせ先】
株式会社理経
URL: (リンク »)


本件について:デバイス営業部 曽我
03-3345-2162(ダイヤルイン) 
E-mail:wipam@rikei.co.jp


営業全般について:企画開発部 内山
03-3345-2180(ダイヤルイン)
E-mail:uchiyama@rikei.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社理経の関連情報

株式会社理経

株式会社理経の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]