編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FRONTIER、高性能を実現するハイエンドスリムタワーパソコン『GS』シリーズを発売開始。

株式会社KOUZIRO

From: PR TIMES

2011-10-14 19:48



~第2世代インテル(R) Core(TM) プロセッサー・ファミリーをはじめ、
様々なカスタマイズが可能~

株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、
代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、フルカスタマイズに
対応したハイエンドスリムタワーパソコン『GS』シリーズを、
2011年10月14日(金)より販売開始いたします。

■製品の概要
今回発表する新製品は、第2世代インテル(R) Core(TM)
プロセッサー・ファミリーをはじめ、最大16GBまで搭載可能な
メインメモリ、高速動作で人気急上昇中のSSD、美しい映像と
大容量が魅力のブルーレイディスクなど、様々な最新パーツを
搭載することが可能なスリムタワーパソコンとなっています。

製品ラインナップは、インテル(R) Core(TM) i7 プロセッサーを
搭載した「パフォーマンスモデル」、インテル(R) Core(TM) i5
プロセッサーを搭載した「スタンダードモデル」、インテル(R)
Core(TM) i3 プロセッサーを搭載した「バリューモデル」の
3モデルが基本ラインナップとなっています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア
( (リンク ») )をはじめ、
全国通信販売窓口(TEL 0570-00-5530)にて2011年10月14日(金)
より受注を開始いたします。


■製品の特長
「省スペースなボディに圧倒的な処理性能」
第2世代インテル(R) Core(TM) プロセッサー・ファミリーを
はじめ、最大16GBまで搭載可能なメインメモリ、高速動作で
人気急上昇中のSSD、美しい映像と大容量が魅力の
ブルーレイディスクなど、様々な最新パーツを搭載することが可能。

「高速データ転送のUSB3.0接続対応」
USB2.0と比較して約10倍もの転送速度を実現するUSB3.0ポートを装備。

「使いやすさにこだわった本体右側のフロント端子」
頻繁に使うUSB2.0ポートやオーディオ端子を本体右側上部に
配置することで、本体を机の上に置いて使用する際にも邪魔に
なりにくく快適に使える。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]