編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

-日本初!書籍からオーディオブックが自炊できるソフトウェア登場-

株式会社アメディア

From: PR TIMES

2011-11-04 10:42

株式会社アメディア

2011年11月3日

通勤中に聞く読書が楽しめます!
-日本初!書籍からオーディオブックが自炊できるソフトウェア登場-

音声読書機を開発・販売している株式会社アメディア(東京都新宿区、望月優社長、 (リンク ») )では、このほど、本をスキャンして音声読み上げのオーディオブックを作成するソフトウェアを開発、11月15日から出荷を始める。
「オーディオブック・クリエイター」と名づけられたこの製品は、スキャナで取り込んだ画像を文字認識し、その内容を合成音声でのMP3形式のデータに変換するソフトウェアだ。
株式会社エーアイの非常に肉声に近い合成音声を採用し、女性2種類、男性1種類から読み上げ音声を選択できる。
文字認識の修整や音声読み上げの間違いを防止するための変更を加える機能も搭載しており、固有名詞等の独特な読み方にも対応できるという。
作成したMP3データを携帯型のプレイヤーに転送することで、通勤・通学中や旅行中、あるいは料理や編物の最中でも、ラジオ代わりに読書を音声で楽しめる。寝たきりの方であっても、オーディオブックの入ったプレイヤーを手渡すことで読書が可能となり、介護者と被介護者が同じ本で話題を共有することもできる。
「目で読む読書と耳で聴く読書の両方を楽しみたい方には、同じ本を2冊購入することをお勧めしたい」と語る望月社長。
ページをめくって1ページずつ取り込むよりも、きれいに裁断してドキュメント・スキャナで連続取り込みする方が文字認識の間違いが少なく、より短時間でオーディオブックが作成できるからだ。
スキャン代行サービスを利用して裁断した図書をPDF化し、そのデータからオーディオブックを作成するというやり方がもっとも時間効率の良い方法だという。
アメディアは、従来より視覚障害者向けに印刷物を音声で読み上げる機器を開発してきた会社だが、今回はその技術を生かして一般向けの製品を開発した。
「今回の製品は、目の見える方々にも耳で聞く読書の楽しみを体験してもらえればと思い開発した」と望月社長は語る。


メーカー希望小売価格は19,800円。

以下のページから評価版がダウンロードできる。
(リンク »)


必要なシステム構成は以下の通り。
インテル(R) Pentium(R) 4 または AMD Athlon(R) 64以上のプロセッサー。
Microsoft(R) Windows(R) XP (Service Pack 3) 日本語版、Windows Vista(R)日本語版、または Windows(R) 7日本語版。
1GB以上のRAM。
2GB以上の空き容量のあるハードディスク。
1024×768以上の解像度をサポートするディスプレイ。
CD-ROMまたはDVD-ROMドライブ。
TWAIN 対応のスキャナ。(スキャナを使用する場合)


本件問い合わせ先:望月 優
E-Mail: moch@amedia.co.jp
株式会社アメディア
東京都新宿区西早稲田2-15-10 西早稲田関口ビル3階
TEL 03-5286-7511 FAX 03-5286-2567
ホームページ: (リンク »)
電話連絡可能な時間帯:9時15分から17時まで

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アメディアの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]