Zoho、 クラウド型フィードバック管理サービス「Zoho コメントボックス」提供開始 !

― Twitter&CRMとの連携でソーシャルとビジネスの結びつきを強固に ―

ゾーホージャパン株式会社 2012年04月13日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:神奈川県横浜市)は4月13日、クラウド型フィードバック管理サービス「Zoho コメントボックス」の提供開始を発表しました。顧客から自社に対する意見や要望を収集し、管理できるサービスで、フォーラム(掲示板)のほか、Twitterからもフィードバックを集めることができ、集めたツイートには、フォーラム内から@返信が可能です。顧客からの質問に回答したり、アイデアを募集したりすることで、新商品やサービスの開発に役立てることができます。


◆機能の詳細
【顧客の利便性が高まる便利な投稿機能】
・HTMLエディター
フォーラムに投稿する際は、色やサイズなどの装飾を文字に適用できます。また、画像や表を挿入することが可能です。HTMLコードを組み込むこともでき、動画やスライドショーも挿入できます。

・投稿の通知
自分の投稿に返信があった場合にメールで通知を受け取るように設定できます。自分の投稿以外でも、任意の投稿に注目して通知を受信することが可能です。その他、投稿する際に、任意のメールアドレス宛に通知を送信することもできます。

・Google ドキュメント&Zoho ドキュメント連携
投稿時にファイルを添付できます。ファイルは、ローカルから選択できる他、Google ドキュメントやZoho ドキュメントから選択することも可能です。

【フィードバックの幅を広げるソーシャル連携】
・Twitter連携
特定のキーワードを含むツイートの一覧を「Zoho コメントボックス」内に表示できます。それらのツイートに対して返信する際、自動でTwitterの@返信も行えます。返信した履歴を後から確認することも可能です。また、各投稿のリンクをツイートすることもできます。

・Facebook連携
Facebookのアカウントでサインインできます。また、各投稿に対して「いいね!」ボタンを押すことが可能です。


【投稿の内容を把握しやすくする分類&抽出機能】
・フォーラムの階層化&分類
投稿の内容に応じてフォーラムを分けることが可能です。サブフォーラムを設定して投稿の内容を階層化し、分類できます。また、タグによる分類も可能です。

・投稿の種類に応じたステータスの管理
投稿の種類を設定でき、種類ごとにステータスを管理できます。例えば、質問が投稿された場合、「回答済み」か「対応中」かを設定可能です。同様に、アイデアの提案の場合、「実行済み」「対応未定」などのステータスを設定できます。

・フィルター
未返信の投稿だけを抽出でき、回答漏れがないかどうかをチェックできます。種類ごとに投稿を抽出することも可能です。また、レポートを利用してフォーラム全体の返信率を確認することもできます。

【きめ細かな管理機能】
・アクセス権限の管理
フォーラムへのアクセス権限を設定できます。特定のユーザーのみアクセス可能にして公開範囲を限定したり、公開して誰でも利用可能にしたりできます。

・投稿の管理
投稿する際に、管理者が内容を確認してから公開するように設定できます。設定対象は、「ゲストのみ」または「全員」を選択できます。また、フォーラムや投稿をロックすることができます。ロックした場合、ユーザーは閲覧のみ可能になり、新しく投稿できなくなります。その他、投稿時に添付するファイルの容量制限や、許可するファイルの拡張子なども設定できます。

・ユーザーの管理
ユーザーの「招待」「登録削除」などの操作を管理画面から行うことができ、フォーラムごとに参加するユーザーを選択できます。また、投稿を管理する権限をユーザーに与えることができ、複数のユーザーでフォーラムの管理を行うことも可能です。その他、ユーザーにラベルを設定でき、投稿者の名前に「サポート担当」「営業担当」などのラベルを付加できます。

【自社ブランドの確立に役立つカスタマイズ】
ロゴや背景色などをカスタマイズできます。また、アクセス用のURLに自社のドメインを利用可能です。CSSを使ったカスタマイズも可能です。

【フィードバックから顧客管理につなげるZoho CRM連携】
フォーラムの参加者を、Zoho CRMの見込み客や顧客として登録できます。フィードバックを投稿したユーザーに対して、Zoho CRMの機能を使ってフォローアップしていくことが可能です。


◆活用事例
「Zoho コメントボックス」の活用例として、「jQuery」(JapaScriptライブラリー)のフォーラムがあります。
(ご参考)jQueryフォーラム: (リンク »)


◆利用料金
・フリープラン(1フォーラム)
・ベーシックプラン(3フォーラム/5サブフォーラム) 17,280円/年(税別)
・スタンダードプラン(5フォーラム/10サブフォーラム) 36,000円/年(税別)
・プロフェッショナルプラン(25フォーラム/50サブフォーラム) 108,000円/年(税別)


◆関連URL
「Zoho コメントボックス」サービスサイト:
(リンク »)
「Zoho コメントボックス」の活用例「jQueryフォーラム」:
(リンク »)

ゾーホージャパン株式会社サイト: (リンク »)
Zoho事業サイト        : (リンク »)
Twitterアカウント       : (リンク »)
Facebookページ        : (リンク »)


■Zohoの概要
Zohoは北米を中心に全世界500万ユーザー以上が利用するクラウド型サービスです。メール、カレンダー、オフィスツール(ワープロ/表計算/プレゼンテーション)、文書共有のみならず、CRM、請求管理、データベース作成、プロジェクト管理、データ分析、掲示板、Wiki、チャット等、27以上のサービスを無料、もしくは低価格プランで提供しています(ほぼ全てのZohoサービスに無料プランがあります)。
 
■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業
Tel : 045-306-5158
Mail: info@zoho.jp

このプレスリリースの付帯情報

Zoho コメントボックス

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゾーホージャパン株式会社の関連情報

ゾーホージャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]