編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

[資料公開]クラウド時代のストレージとは

コアマイクロシステムズ株式会社

2012-09-10 08:00

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、[クラウド時代のストレージとは]の資料を公開しました。
今回公開した資料ではクラウドストレージの次世代トレンドを以下のようにまとめたうえで、あるべきストレージ構成のパターンを資料として記載しています。

◆ハイブリッドDR
・エンタープライズプライマリーストレージの高速拠点間DRと
マルチサイトクラウドストレージDRへの同時対応

◆クラウドTier & DR
・ミッドレンジプライマリーストレージのクラウドレベルTier & DR構造の
広域クラウド仮想ストレージの実現

◆クラウドマイグレーション
・クラウドコンピューティングベースビッグデータ解析のためのデータ移行を
クラウドゲートウェイにて対応

◆クラウドアーカイブ
・ストレージキャパシティハングリーアプリケーション(メール/メディカル/
サーベイランス等)の高効率アーカイブをクラウドゲートウェイで対応

◆クラウドバックアップ
・バックアップ等アプライアンス、およびエントリーNASアプライアンスの
クラウドバックアップ機能標準搭載対応

表記資料は以下よりダウンロードください。

(リンク »)
※個人情報の登録が必要です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コアマイクロシステムズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]