編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コアマイクロ、Systems xのWindowsとLinuxを保護するCDPアプライアンス提供

田中好伸(編集部)

2009-12-24 22:42

 コアマイクロシステムズは12月24日、x86サーバ「IBM Systems x」に搭載されるWindowsとLinuxサーバに対応する継続的データ保護(Continuous Data Protection:CDP)アプライアンス「Server SAFE I」の発売を開始したことを発表した。

 Server SAFE Iは、データベースやメールなどを提供するサービス系サーバ、ファイルサーバなどのシステム領域とデータ領域をアプリケーションレベルの整合性を保ったまま最小1分間隔で保護し、数十分以内にシステム復旧するCDP機能を搭載したアプライアンス。保護対象容量が1テラバイトを超えるシステムでも、ベストエフォート回線1本で遠隔地にデータを保管できるという。保護対象とするサーバに、CDPクライアントのエージェントソフト「DiskSafe」をインストールする必要がある。

 エントリーモデルの「Server SAFE I Entry」は管理ストレージ容量が2テラバイトで価格は189万9000円から、下位モデルの「Server SAFE I Pro」は容量4テラバイトと8テラバイトで価格は209万9000円から。最上位モデルの「Server SAFE I Enterprise」の容量は8テラバイト以上で、価格と保守サービス料金は個別見積もりとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]