編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

CA、ビジネスの継続性を確保する「CA ARCserve Replication」シリーズを発表

CNET Japan Staff

2007-05-16 13:03

 日本CAは5月15日、障害発生時に企業の業務やサービスの継続性を確保する「継続的データ保護」(Continuous Data Protection:CDP)ソリューション「CA ARCserve Replication」シリーズを発表した。

 同ソリューションは、CAが買収したXOsoftの「Rewind Technology」をはじめとする技術をベースとし、リアルタイムで実行するレプリケーション(複製)機能が中心の製品群で実現する。マルチプラットフォーム環境において、どれくらいで復旧させるのかという目標復旧時間と、どの時点にまでさかのぼって復旧させるのかという目標復旧ポイントを最適化できるという。

 具体的には、データプロテクションの「CA ARCserve Replication」、アプリケーションの可用性を確保する「CA ARCserve High Availability」、データ配信/統合の「CA ARCserve Content Distribution」、サイトやシステムをリカバリテストする「CA Assured Recovery」、サーバベースの継続的なデータ保護を可能にする「CA ARCserve CDP Solo」――の5製品から構成される。

 当初はマイクロソフト環境に対応する製品から出荷し、順次Oracle、Linux、Solaris、AIXなどにも対応する予定だ。

 価格は68万400円から。7月から出荷する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]