編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

シマンテック、次世代のデータ保護ソリューションを発表

CNET Japan Staff

2008-06-20 20:57

 シマンテックは6月20日、データ保護プラットフォームの「Veritas NetBackup」に対応した製品群を強化すると発表した。

 新しくなったVeritas NetBackupプラットフォームは、オープンアーキテクチャを活用し、データセンターレベルでのデータ重複排除や、ブロックレベルの継続的なデータ保護を提供する。同プラットフォームでは、バックアップ製品「Backup Exec」で初めて採用された「Granular Recovery Technology」(GRT)が追加された。GRTは、大きな単位でのバックアップを不要にし、作業時間とストレージ容量が節約できる。

 今回「NetBackup PureDisk 6.5」とNetBackupが統合されたことで、操作性が向上し、大規模なバックアップデータ処理が可能となる。また、NetBackup6.5.2および6.5.3では、WindowsとVMwareの保護機能やリカバリ機能を改善し、セキュリティを強化した。

 NetBackup 6.5.2はすでに日本国内でも提供しているが、NetBackup PureDisk 6.5は8月に、NetBackup 6.5.3は9月に提供開始する予定だ。ただし、英語版で提供される継続的なデータ保護(Continuous Data Protection : CDP)機能については、国内での提供は未定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]