「Embeded Technology 2012」出展のご案内

高速画像圧縮転送装置 < Med.i.Compressor >やGIGAPOD for OsiriX、非接触データ読取りデバイス < Med.i.Reader >を出展

トライポッドワークス株式会社 2012年11月12日

トライポッドワークス株式会社(本社:仙台市青葉区、代表取締役社長 佐々木 賢一)は、「Embeded Technology 2012」に出展します。 ※トライポッドワークスブース:小間番号 C-41

出展内容は以下です。

■高速画像圧縮転送装置 < Med.i.Compressor >
本システムは当社独自の画像圧縮転送技術を用いることで、大容量データを高速に転送することが可能です。医療分野においては、CTやMRI等の医療画像はデータサイズが大きく、一刻をあらそう医療現場での迅速な医療をサポートします。

■GIGAPOD for OsiriX
CTやMRI等で撮影したDICOMデータを、オープンソース DICOMビューワー"OsiriX"から、オンラインストレージと直接連携可能とした製品です。直接連携することにより、共有時のデータの誤送信防止や、ネットワークの負荷低減を可能にし、サイズの大きいDICOMデータの高速で安全なデータ共有を実現します。
また、"GIGAPOD for OsiriX"は大規模なシステム構築を必要とせず、既存のシステムに追加するでけで、簡単に院内情報共有や、病院間連携のシステムを構築することが可能です。

■非接触データ読取りデバイス < Med.i.Reader >
血圧計や体温計に代表される日常定期的に使用する小型の計測機器には、データ連携機能を有するものが少なく、計測データの蓄積や相関をとることに難があります。本システムを用いることにより、カメラに計測機器を「かざす」だけで機器の機能に依存せずにデジタルデータとして集約することを可能とします。
今回は、本技術を家庭用放射線測定器に適応した事例をご紹介いたします。

■モバイル掌紋認証システム
手のひらをスマートフォンのカメラに「かざす」だけで簡単個人認証。これまでのパスワード入力に比べ、素早く簡単な認証を実現できます。
「なりすまし」に強い掌紋認証で、堅牢で手軽な認証環境を提供します。
従来のバイオメトリクス認証に必要だった高価な専用デバイスは不要です。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

トライポッドワークス株式会社

トライポッドワークス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。