Ci&TがDrupalCampChina 2013で登壇

クラウドを駆使したDrupalの利用について講演

シーアイアンドティー・パシフィック株式会社 2013年03月21日

価値の創出に主眼を置き、ウェブ・モバイルアプリケーションのニアショア開発サービスを展開するCi&Tは、キース・ヤウ(同社ソフトウェアアーキテクト)が2013年3月23日(土)に中国上海で開催されるDrupalCampChina 2013で登壇することを発表しました。ヤウはクラウドのベースのDrupalサービスについて講演します。

Drupal(ドゥルーパルと発音)はプログラム言語PHPで記述されたオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)です。オープンソースのITアーキテクチャーを当初から支持していたCi&TはDrupalの絶大なメリットを既に多くの顧客に証明してきました。2012年の3月にはDrupalを展開する米Aquiaと戦略的パートナーシップを結び、ハイパフォーマンスチームによるアプリケーション開発サービスをAquia社の手厚いサポートとクラウドホスティング製品で補強することに成功しています。

Ci&TはDrupal Associationにも加盟しており、今年2月6日~9日にオーストラリアのシドニーで開催されたDrupalConカンファレンスでは、チーフ・テクノロジー・アーキテクトのフェリペ・ルービンが「Drupalの大手企業導入」と題して講演を行いました。また、ルービンはその後のパネルディスカッションにも参加し、「企業が実際に直面している課題に応える」をテーマに、Drupalを専門とする他のパネリストたちと意見交換を行いました。

DrupalConに引き続き、DrupalCampChinaでCi&Tは今年2度目の登壇を果たします。長年Drupalを利用して顧客のコスト削減やプラットフォームの統合を実現させてきた経験を皆様と共有しますので、是非ご期待ください。

講演者について
キース・ヤウ(Keith Yau)はCi&T屈指のアーキテクトであり、エンタープライズ系の重要なプロジェクトを複数回担当。ElasticMapReduceなどのクラウドサービスを駆使し、大規模サイトの構築も成功させている。また、フォーチュン500企業においてDrupalチームの立ち上げを担当した経験もある。

日時
2013年3月23日(土) 9:30~18:00

会場
Hult International Business School (Jinling Haixin Building) 666 Fuzhou Road, 4th floor, Shanghai

Ci&T について
価値の創出に主眼を置き、ウェブ・モバイルアプリケーションのニアショア開発サービスとプロダクトエンジニアリングサービスを展開している。Ci&Tのハイパフォーマンスチームはアジャイル開発とリーンITの原則に基づき、最新のモバイル、クラウド、ウェブテクノロジーを駆使して、あらゆる規模の企業に価値を生み出すプロジェクトを提供。1995年に設立された真のグローバル企業として、ブラジルのカンピーナスに本社を構え、南米、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィックに拠点を保有している。詳細は(www.ciandt.com)を参照。

本件に関するお問い合わせ先
シーアイアンドティー・パシフィック株式会社
担当:高橋 亜紀子
03-3769-0652
infojapan@ciandt.com

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シーアイアンドティー・パシフィック株式会社の関連情報

シーアイアンドティー・パシフィック株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]