編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」とタイアップ 主人公の声で管理できる体組成計を発売

株式会社タニタ

From: 共同通信PRワイヤー

2013-10-12 20:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013年10月12日

株式会社タニタ

「劇場版 TIGER & BUNNY & -The Rising-」とタイアップ
主人公の声で管理できる体組成計を発売
新ヒーローのキャラクター・プレイスメントも実施

健康をはかるリーディングカンパニーである株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、2014年2月8日(土)に公開される映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」とタイアップし、体組成計のコラボ商品を発売します。また、新たに主人公のバーナビー・ブルックスJr.とコンビを組む新ヒーローであるゴールデンライアンのスポンサーとしてキャラクター・プレイスメントを実施します。

発売する体組成計は「インナースキャンボイス BC-202-TB」。劇中の主人公である鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー)を演じる平田広明氏と、バーナビー・ブルックスJr.を演じる森田成一氏による音声ナビゲーション機能を備えたプレミアムモデルで、両氏の絶妙な掛け合いなど劇中の世界を再現しています。また、本体ならびにボックスも映画に合わせたスペシャル仕様としました。

計測は体重、体脂肪率、BMI(体格指数)、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、推定骨量、体内年齢、体水分率の9項目。体脂肪率、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量は標準値と比較した判定も表示します。体組成計に乗ると電源が入る「ステップオン」機能、測定者を自動で判別する「乗るピタ」機能※を搭載しているため、ボタン操作をすることなくわずか8秒で計測することができます。

価格は1万6800円(消費税込)。13日午前0時よりTSUTAYAオンラインショッピング( (リンク ») )およびTSUTAYAの店頭で受付を始めます。また、今回のコラボモデルには購入特典として、鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックスJr.および新規描き下ろしのゴールデンライアンのイラストボードを封入します。

タニタでは2012年7月に文化放送と共同で、人気声優の小野大輔氏・近藤孝行氏による音声ナビゲーション機能を搭載した「夢ボイス体組成計」を企画、限定生産1000台を完売しました。今回の映画とのコラボ商品はその第2弾となるもので、さらにキャラクター・プレイスメントという手法を取り入れ、劇中で新ヒーローをスポンサードすることで若年層にもブランドイメージの浸透を図っていきたいと考えています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]