グローバル5大学主催 全国の国際部門教職員のためのFD研修会

早稲田大学 2013年10月29日

From 共同通信PRワイヤー

2013年10月29日

早稲田大学広報室広報課

グローバル5大学主催
全国の国際部門教職員のためのFD研修会が行われました

2013年10月10日・11日に、グローバル5大学(以下G5大学)
主催による全国の国際部門教職員のためのFD研修会が開催されました。

これは、国際化先進大学であるG5大学※が、自分たちのもつノウハウを
広く公開して、日本全体の国際化推進に貢献しようという意図のもと、
年1回開催しているものです。
※G5大学とは、早稲田大学・国際教養大学・国際基督教大学・上智大学
・立命館アジア太平洋大学の5大学で、日本の高等教育のグローバル化を
一層推進するために2012年8月に連携協定を締結しています。
(上智大学以外の4大学は2010年4月に連携協定を締結)

本研修会はG5大学が持ち回りでホストとなりながら年1回開催しています。
4回目の今回は、「連携」をキーワードに、早稲田大学で開催され、
全国国公私立大学の教職員総勢80名が参加しました。

本年は、早稲田大学とアメリカの五大湖・中西部私立大学連盟との学生交流協定が
開始されてから50周年を迎えたことを記念して、国際教養学部・森田典正学部長と
本学協定校派遣教員・キャサリン スパーリング客員教授による基調講演(対談)
「日米間の大学連携50年を振り返って」が行われました。その後、G5大学の
関係者によるレクチャーや、グループに分かれて具体的実践課題についての
ワークショップが行われました。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]