◎Stream TV NetworksがBOEと提携 4K Ultra-D 2160p 3Dメガネ不要ディスプレーを発売

Stream TV Networks, Inc. 2013年12月10日

From 共同通信PRワイヤー

◎Stream TV NetworksがBOEと提携 4K Ultra-D 2160p 3Dメガネ不要ディスプレーを発売

AsiaNet 55253
共同JBN 1478 (2013.12.10)

【フィラデルフィア(米ペンシルベニア州)2013年12月10日PRN=共同JBN】米ペンシルベニア州フィラデルフィアに本社を置くテクノロジー企業で、Ultra-D2160p 3D Glasses Free Display(3Dメガネを必要としないディスプレー)とその変換技術開発企業であるStream TV Networks, Inc.( (リンク ») )は10日、Beijing BOE Vision Electron Technology Co., Ltd.(BOE Technology Group所有)と戦略提携し、次世代の4K Ultra-D( (リンク ») )2160p 3Dメガネ不要ディスプレー・ソリューションを市場導入すると発表した。

 (Photo: (リンク ») )

Stream TV Networksは3D Glasses Free Ultra-D 4K 2160p( (リンク ») )のリアルタイム変換技術を最新のQualcomm 8074プロセッサーに移植することに成功した。Ultra-Dアルゴリズムを搭載する8074プロセッサーは、2Dないしは3Dステレオ・コンテンツなど、あらゆる入力コンテンツをUltra-D 2160p(4Kメガネ不要3Dコンテンツ)に変換する。Ultra-D(商標)技術によって、ユーザーは衛星ないしはケーブルサービス、VOD、Blu-rayプレーヤー、XBOXないしはプレイステーションをUltra-D(商標)4K 2160p技術を使ったテレビに直接接続できる。複雑なアルゴリズムを駆使するUltra-D(商標)は、映像間の視差を利用してスケーリングすることなく1080pの200万ピクセルを4Kの800万ピクセルに変換する。Netflix、Hulu、YouTube、Baidu TV、PPStv、iQYi tv、Totou TV、その他ビデオサイトのコンテンツはメガネ不要3Dにそのまま変換される。写真も3Dで観ることが可能となる。

Qualcommの最新8074プロセッサーは、クアッドコンフィギュレーションの中にNew Kraito 400 CPUを搭載し、コアごとに最大クロックスピード2.3GHzによってクラス最高のワットあたり性能を提供する。このプロセッサー性能はより厳しいプロセッシングに対応することができる。最新のAdreno 330 GPUは現行のAdreno 320 GPUに比べて、2倍以上の演算アプリケーション性能に加え、キャプチャー・プレーバック、2160pビデオ・ディスプレーを提供する。

Beijing BOE Vision Electron Technologyは、Ultra-D(商標)4K 2160pの55インチ画面テレビを製造する計画である。テレビは外部変換ボックスないしはseeCube(商標)を同梱し、あらゆる種類のコンテンツをメガネ不要3D 2160pに変換する。2013年末までに、この変換技術はチップに組み込まれ、テレビ内部に搭載される。これによって大幅なコスト削減が実現でき、当社の製品は市販の同種製品と比べて大幅なコスト優位性を獲得する。

ソース:Stream TV Networks, Inc.

▽問い合わせ先
Kris Ellenberg,
+1-310-430-1772,
press@ultra-d.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]