『ラーニングノート』を通信教育講座に導入

日本能率協会マネジメントセンター 2014年04月01日

From Digital PR Platform


株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、港区、以下JMAM[ジェイマム])は4月1日より、同社が展開している法人向け通信教育講座21講座について、知識を定着化させるための個人学習ツール  『ラーニングノート』を導入します。

『ラーニングノート』は無理なく自然に、書くという行為を繰り返すことによって、知識を定着させることができる学習サポートツールです。一般的な通信教育講座は、テキストによる学習とレポート・添削で構成されていました。 しかし昨今、若者の活字離れが加速したこともあり、「読む力や書く力が低下している。しっかり読み、考えて書く通信教育がほしい」との声が、多くの企業の教育担当者から寄せられるようになりました。

そこでJMAMでは、通信教育講座の理解を促進させるサポートツールとして『ラーニングノート』を開発しました。『ラーニングノート』では、テキストを読みすすめながら、ラーニングノートにポイントを書き写したり、例題を   解いたりする行為を通じて、記憶を確実に定着させ、効率的に学習を進めることができます。

今回、『ラーニングノート』が導入されるのは、通信教育講座のなかでも人気の高い「メール&文書作成術」「プレゼンテーション術」「生産マイスターベーシック級コース」など若手社員向け講座を中心とした21講座になります。その他の講座についても、順次導入予定です。

JMAMでは1979年より、法人向け社会人教育事業の一環として通信教育講座を展開してきました。平成26年3月時点での通信教育講座数は300講座、受講者数25万人。契約企業数は製造業・流通業はじめ4500社にのぼります。今回導入する『ラーニングノート』の初年度利用者を2万人規模と見込んでいます。

JMAMは今後も、社会人教育のトレンドに即したビジネススキルやマネジメント教育を提供し、日本企業の人材育成戦略を支えていきます。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本能率協会マネジメントセンターの関連情報

日本能率協会マネジメントセンター

日本能率協会マネジメントセンターの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。