キナクシスが、ガートナー社のマジッククアドラントで「Leaders Quadrant」の評価を獲得

キナクシス・ジャパン株式会社 2014年04月03日

キナクシスが、ガートナー社のマジッククアドラント「Supply Chain Planning System of Record」の分野で「Leaders Quadrant」の評価を獲得。ビジョンの完成度と実行能力を評価。

2014年4月3日(木)東京発 ― 柔軟性の高いクラウドベースのSCM(サプライチェーンマネジメント)、およびS&OP(セールス&オペレーションプランニング)ソリューションの「RapidResponse(R)」を提供する、Kinaxis Inc.の日本法人であるキナクシス・ジャパン株式会社(以下キナクシス)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 敏也)は本日、ガートナー社のマジッククアドラント「Magic Quadrant for Supply Chain Planning(SCP)System of Record(SOR)」で「Leaders Quadrant」の評価を獲得したと発表しました。

ガートナー社はSCP SORを、企業がプランニングデータに関して、サプライチェーン全体を通じて作成、管理、リンク(紐付け)、アライン(連携)、コラボレート(協業)、そしてシェア(共有)が可能なプランニングプラットフォームであると定義しています。サプライチェーンは具体的には、デマンドプラン(需要計画)の作成からサプライサイド(供給側)のレスポンス、および詳細なオペレーショナルプランニング(運用計画)から戦術レベルのプランニングまでを指しています(1)。

レポートでは、SCP(サプライチェーンプランニングシステム)SOR(システムオブレコード)市場におけるビジョンの完成度とそのビジョンの実行能力を元に、各ベンダを位置づけています。レポートには次のように説明されています。「SCP SORに対する強力なビジョンと実行能力を持つ企業をリーダーズとして位置づけています。リーダーズは、必要とする広範な機能をほぼすべて揃えており、あるいはガートナーのSCP SORの参考モデルにおける主要な機能モジュールを保有しています。」

キナクシス本社のCEOであるダグラス・コルベス(Douglas Colbeth)は次のようにコメントしています。「今回のガートナー社の貴重な評価は、私たちの柔軟なサプライチェーンソリューションを通じて、クライアントの優れたサプライチェーンの構築を支援していることが評価されたものと確信しています。私たちは、1つのデータモデルとアナリティクスエンジンを備えたシングルプロダクトによるプラニングシステムオブレコードを提供することにより、市場での差別化を図っています。このソリューションにより、企業の各部門が同時に、または横断的なプランニングが可能になり、企業のオペレーションの持続的な編成に対応できることは飛躍的な進歩であると言えます。」

キナクシスのRapidResponseでは、統合型のサプライチェーンプランニングおよびアナリティクスの機能を提供しており、複数のサプライチェーンプロセスを管理する基盤を構築することができます。RapidResponseを単一のサプライチェーンプランニングシステムオブレコードとして活用することで、企業はエンドツーエンドのサプライチェーンマネジメントプラットフォームが構築可能になります。複数のビジネスプロセスを紐付け、部門間に及ぼす影響を顕在化し、判断材料を得ることで、戦略目標、運用目標、戦術目標を達成すべく効果的な施策を講じることができます。

詳細はブログ(英語)をご覧ください。
(リンク »)

また、「2014 Magic Quadrant for Supply Chain Planning System of Record」の完全版(英語)のレポートのダウンロードは以下よりお申込みできます。 (リンク »)

その他のキナクシスに関するニュースやコメントはGoogle+、LinkedIn、Twitter(英語)をご覧ください。

(1)「Magic Quadrant for Supply Chain Planning System of Record」ガートナー社、T. Payne著、2014年3月6日刊行

免責条項:ガートナー社は、調査出版物内に掲載された特定のベンダ、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、技術を利用する立場にあるユーザに対して最高評価を与えたベンダのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナー社の調査出版物は、ガートナー社の調査組織の意見で構成されており、特定の行為に導く意図を有していません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

【キナクシスについて】
キナクシスは、複雑なサプライチェーンネットワークを形成し、変動の激しいビジネス環境にあるディスクリート(個別生産/組立生産)型の製造業者やメーカーに対して、クラウドベースのS&OP/サプライチェーンソリューションを提供しています。RapidResponseは、航空宇宙/防衛、自動車、ハイテク、工業、ライフサイエンスなど、あらゆる業種の著名な企業に採用されており、ビジネスの各部門にわたる同時計画、パフォーマンスの継続モニタリング、そして計画差異に対する調整対応に利用されています。業態に合わせて柔軟なサービスを提供するRapidResponseのソリューションは、S&OP、供給計画、容量計画、需要計画、在庫管理、MPS、受注処理といった各分野を含め、サプライチェーンに関わるビジネスプロセスに全方位で対応しています。多くの顧客はRapidResponseを導入した結果、これまで使用していた多様なプランニング/パフォーマンス管理ツールをリプレースし、計画サイクル、サプライチェーンのレスポンスタイム、判断精度において、オペレーションパフォーマンスの画期的な改善を図ることに成功しています。また、RapidResponseのシングルプロダクトの特性を生かし、広範なサプライチェーンの条件のモデリングが容易となり、共同作業により迅速かつステークホルダとビジネス目標を共有しながら、長期およびリアルタイムでの需給バランスの判断が下せるようになっています。

※ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースに関するお問合わせ先:
キナクシス・ジャパン株式会社
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-3 フナトビル5F
担当:高橋(株式会社エム・アンド・エル)
Email:kinaxis@mlrev.co.jp
Tel: 03-3537-1108 (株式会社エム・アンド・エル)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

キナクシス・ジャパン株式会社の関連情報

キナクシス・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。