◎持続可能性に向けたTCO認証、IT製品のリサイクル内容に対し高基準設定

TCOデベロップメント 2014年04月10日

From 共同通信PRワイヤー

◎持続可能性に向けたTCO認証、IT製品のリサイクル内容に対し高基準設定

AsiaNet 56434

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

持続可能性に向けたTCO認証、IT製品のリサイクル内容に対し高基準設定

ストックホルム、2014年4月10日/PRニュースワイヤー/ --
持続可能なITの発展に向け、製品認証機関であるTCOデベロップメント(Development)が、使用後のリサイクルプラスチックを最低85%含むコンピュータディスプレイに向けた、新たな認証を満たす最初の製品を発表します。

     (ロゴ: (リンク ») )
     (写真: (リンク ») )

金属やその他貴重な素材と違い、プラスチックのリサイクリングはあまり普及しておらず、問題点もいくつかあります。TCO認定のエッジ認証( (リンク ») )は、先端の持続可能な特性を特徴とする製品を承認します。今回の場合、全プラスチック部分の合計重量の最低 85%( (リンク ») ) は使用後のリサイクル素材から用いられるということになります。

新条件を証明する最初のディスプレイは、レノボ(Lenovo)製の製品です。認定製品の完全リスト( (リンク ») )は、TCOデベロップメントのウェブサイト( (リンク ») )でご覧頂けます。

TCOデベロップメントのディスプレイ部門のビジネスエリアマネージャー、Stephen Fuller氏はコメントします、「ITブランドの間でリサイクル素材の使用が普及してきていることは、製造者の更なる責任の増加に向けたポジティブな前進となり、Eウェイスト・クライシスの流れを変えることになります。」

最低85%という数字は厳しいですが、産業戦略やリサイクル素材へのアクセスが改善されると達成可能な数字です。Fuller氏は続けます、「1995年には早くも非ハロゲンプラスチックに対する条件が導入されたことにより、TCOデベロップメントは、リサイクルに適した汚染されていないプラスチックの大幅な供給を保証する手助けが可能となっています。」

認証されたディスプレイは、購入者に対し、はっきりとした持続可能な利益を提供します。これには、使用される原材料の減少、初期の抽出や製造を通した汚染や二酸化炭素排出の低減、廃水流に入る素材の減少があります。

TCOエッジ認証( (リンク ») ) を認定されるディスプレイは全て、TCO 認証( (リンク ») )内の他の基準全てを満たしており、廃電気電子機器(WEEE)指令や容易なリサイクリングのためのラベリングといったプラスチックの条件を含みます。

IT製品のリサイクルプラスチックに関する更なる情報は、私たちの背景説明をご覧ください( (リンク ») )。

TCOデベロップメントについて
TCOデベロップメントは、持続可能なITを発展する、IT製品のための第三者持続可能性認証である、TCO認証を推進する組織です。世界中のプロフェッショナルなIT購入者らは、自らの持続可能なIT戦略の一部として、TCO認証製品を選択しています。TCO認証を取得した製品は、環境的、社会的、そして経済的責任を考慮し、製造、使用、リサイクリングを実施するということを保証する幅広い範囲の基準を満たしています。TCO認証は、ディスプレイ、ノートブック、タブレット、スマートフォン、デスクトップ、オールインワンPC、プロジェクター、ヘッドセット等で取得可能です。TCOデベロップメントは、スウェーデン、ストックホルムに本社を置き、北米やアジアで活動を実施しています。

TCOデベロップメント 問合せ先
プレス: Anna Pramborg
anna.pramborg@tcodevelopment.com
モバイル: +46-70-667-64-04
ディスプレイ部門ビジネスエリアマネージャー、Stephen Fuller氏
Stephen.fuller@tcodevelopment.com
モバイル: +46-70-377-56-02

情報源: TCOデベロップメント(Development)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。