総額30万円以下で狙える、超オトクな3つのミニバン!

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年05月09日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
(リンク »)

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
(リンク »)

▼今回のオススメ記事はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
総額30万円以下で狙える、超オトクな3つのミニバン!
――――――――――――――――――――

■5ナンバー3列シートミニバンは隠れた実力派

毎年カーセンサーnetでは、ゴールデンウイーク後に「ミニバン」の検索数が増えます。なにかと人が集まる大型連休を経て「大勢が乗れる車がほしい」と感じる方が多いのでしょう。そこで、今回は総額30万円以下で買えるコンパクトミニバンに注目しました。
Lクラスミニバンの良さは枚挙にいとまがありません。しかし、月に何回、フル乗車で走ることがあるでしょうか? 大半の方は「基本的には、乗車するのは4人以下。多くとも週1度、大勢が乗る」程度のはず。そうであるならば、5ナンバー3列シートのミニバンがオススメです。
取り回しやすく、もろもろの維持費も安いうえ、7人乗り(あるいは6人乗り)が可能。さらに、シートアレンジが多彩で、荷室を大幅に拡大できるのもポイントでしょう。
日本の自動車メーカーはこういった高効率パッケージングが得意なので、モデルの種類も豊富です。日常使いを考えると、燃費性能と走行性能も優れたコンパクトミニバンは素晴らしい選択肢です。

■オトクな3つの車をご紹介!

その中でも、特にオトクなモデルを3つピックアップしました。毎日の“足”としても、ファミリーカーとしても、使い勝手のいい車ばかりです。
まずは、2000年1月に登場した三菱ディオン。ミラージュディンゴがベースで、ガッシリしたボディにフラットライドを追求した足回りが特徴です。無骨なデザインも、今となっては「飽きが来ない個性」と言えます。
ホンダ ストリーム(旧型)は、デビューから10ヵ月で累計販売10万台を突破する超人気車です。プラットフォームはシビックタイプRやインテグラタイプRと共有していて、ぐいぐい曲がっていく足回りの設定が実にグッド。「ホンダはやっぱり“走り”にこだわっているな」と感じさせてくれます。
トヨタ ウィッシュ(旧型)は、スペックはストリームとほぼ同じ。しかし、3列目シートの座りやすさにはウィッシュに「後発の利」があるかもしれません。耐久性や使い勝手にも優れ、台湾やシンガポールではタクシーとして用いられているほどです。

■カーセンサ―アフター保証対象車でも30万円以下!

中古車の平均価格を見てみると、ディオンは約25万円、旧型ストリームは約28万円、旧型ウィッシュは約58万円(2014年4月22日現在)。いずれも相場は底値で安定しています。カーセンサーnet掲載台数は、全体でもディオンは約65台しかないのに対し、旧型ストリームは約660台、旧型ウィッシュは約1680台もあります。どれもお手頃、かつ便利な車ですので、価格帯や希少性、デザインの好みなどで選べば良いと思います。
しかも、どの車もカーセンサーアフター保証対象車が総額30万円以下で狙えます。ボーナス一括払いも可能でしょうし、学生でも十分に手が届く金額です。アフター保証を付けておけば、万が一のトラブルでも財布が痛まないのもポイントです。
多人数乗車ができる手頃な車をお探しの方、ぜひご一考ください。


▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】三菱 ディオン&ホンダ ストリーム(旧型)&トヨタ ウィッシュ(旧型)×総額30万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額30万円を超える場合があります
(リンク »)

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

50万以下!?アウトドアが趣味ならエアウェイブはいかが?
(リンク »)

フェアレディZが総額90万円以下で手に入る!?
(リンク »)

200万円以下の「デートに最適な車」を真面目に考えてみた
(リンク »)

40万円から!?キャンプに行くなら、キャンピングギア・カーで
(リンク »)

7人乗りのヴァンガード&クルーガーで脱ミニバン!
(リンク »)

日本の道路事情も考慮!ロングドライブに最適な車とは?
(リンク »)


▼バックナンバー一覧
(リンク »)


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
(リンク »)

▼「カーセンサーEDGEnet」
(リンク »)

▼「カーセンサーアフター保証」
(リンク »)

▼カー用品通販
(リンク »)


――――――――――――――――――――
●2014年の自動車トレンドキーワードは「バン買い世代」!
~団塊世代が(ミニ)バンを買って、家族の時間を挽回!~
――――――――――――――――――――

自動車マーケットを知り尽くした、カーセンサーnet編集長の後藤が2014年のトレンドを予測しました。2014年は、団塊世代がミニバンを買って、家族の時間を挽回する「バン買い世代」がキーワードです。

<背景>
環境意識・燃費意識の高まりや、高品質で低燃費な軽自動車・コンパクトカーが多く登場したこともあり、自動車のトレンドはダウンサイジングが主流です。一方で、団塊世代の「孫を持つ男性」を中心に、ドライバーとしても現役の彼らは、ダウンサイジングの流れから外れ、ミニバンを購入する動きが出始めています。「行動的」で「多趣味」な団塊世代。金銭的な余裕がある一方で、自らの子育てについては十分な時間が取れなかったことを後悔している人も多いです。世の中の車はダウンサイジングしていますが、3列シートのミニバンなら三世代が一緒に乗ることができます。車の安全性能も大幅に進化しており、高齢者でもより安全に車を運転できるようになってきています。そのような背景の中、ミニバンを買って、孫との時間、子供家族との時間を積極的に過ごし、家族の時間を挽回する「バン買い世代」が増加する兆しが見られはじめました。

▼詳細資料
(リンク »)


▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
(リンク »)

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
(リンク »)

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]