『ひとつぼ展』入選者のその後を伝える「The Second Stage at GG」シリーズ第35弾阪本勇展「天竺はどこや!!」を開催

株式会社リクルートホールディングス 2014年05月12日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( (リンク ») )」では、2014年5月12日(月)より5月29日(木)の期間、「The Second Stage at GG」シリーズ第35弾、阪本勇展「天竺はどこや!!」を開催いたします。

▼詳細はこちらから
(リンク »)

▼ギャラリー情報はこちらから
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■阪本勇展「天竺はどこや!!」
――――――――――――――――――――
リクルートホールディングスが運営するガーディアン・ガーデンでは、「The Second Stage at GG」シリーズ第35弾を開催する運びとなりました。若手表現者を応援しようと1992年から2008年まで開催した公募展『ひとつぼ展』、2009年にスタートした「1_WALL」の入選者の中からは、各界で活躍する作家が数多く登場しています。このシリーズは、そうした『ひとつぼ展』と「1_WALL」の卒業生たちのその後の活動を伝えるための展覧会です。

今回の第35弾では、写真家の阪本勇をご紹介します。阪本は「天竺はどこや!」で第27回写真『ひとつぼ展』に入選しました。阪本は一貫して、自身の根底から溢れ出る「衝動」に突き動かされながら、シャッターを切り、制作を続けてきました。
「三蔵法師が、どこにあるのかわからない天竺へ向けて歩いた一歩一歩。それが自分にとっての写真一枚一枚だ」と語るように、この世のありとあらゆる現場や現象を写真におさめたいと、様々な被写体と真正面から向き合います。しかし、それはただ刺激的な視覚体験を追い求めるものではなく、親しい友人がふと見せる表情や、身近な風景のなかにも、見たことのないものへの「衝動」を見出します。言い換えれば、それは阪本自身が紡ぎだす、人との繋がりや想いの中から現れる、喜びの有り様なのかもしれません。
「人は皆、それぞれの手段で、それぞれの天竺を目指しているのだと思う」と言うように、写真を撮ることで、自身の天竺に向かって歩く阪本の行き先を、ぜひ会場でご覧下さい。

<展覧会概要>
■企画展名:阪本勇展「天竺はどこや!!」

■会期:2014年5月12日(月)~5月29日(木)
11:00a.m.~7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料 

■会場:ガーディアン・ガーデン
    〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
    TEL 03-5568-8818  (リンク »)

――――――――――――――――――――
■作家プロフィール
――――――――――――――――――――
阪本 勇(Isamu Sakamoto)
アーティスト
1979年、大阪生まれ。
日本大学芸術学部写真学科中退。写真家 本多元氏に師事後、独立。
現在東京在住。エディトリアル、コマーシャル等の分野で活動。

<受賞>
2010年 作村裕介の『うっ~ん!モーレツッ!!』 月刊ブログ大賞
2008年 塩竈写真フェスティバル フォトグラフィカ賞
2006年 第27回写真『ひとつぼ展』入選/ガーディアン・ガーデン

――――――――――――――――――――
■作家コメント
――――――――――――――――――――
「コンセプトはなんですか」と聞かれるたびに困ってしまう。
進み過ぎた現代社会へのアンチテーゼだとか、世界の恒久な平和を願ってだとか、なんとでもテキトーなことは言えるんだろうけど、やっぱり思ってもないことは口にしたくない。第一、そんなことを思いながら一枚一枚シャッターを切っていたらすぐに22世紀になってしまう。

コンセプトはなく、衝動がある。
衝き動かされては走り、衝き動かされては撮る。じゃあその衝動は一体なんだと問われたら、いっぱいあり過ぎて答え切れない。

アンモナイトの化石を手にした時のこと。初めて女の子に告白された時のこと。友達の家に集まってアダルトビデオ鑑賞をした時のこと。秘密基地のこと。小学校の屋上で見た流星群。

身の回りの出来事だけじゃない。未だに現代文明に触れていない民族がまだいることとか、火星に生命体が存在する可能性とか。シロクマの毛を刈ると真っ黒になることとか、ハシビロコウの容姿とか。ミナミゾウアザラシの大きさとか、UMAの存在とか。深海のこととか、宇宙のこととか。それら全てのことが僕が写真を撮る衝動になっている。

それらの衝動をコンセプトと呼んでいいのなら、僕のコンセプトはこの世あの世の有象無象、一切合切全てを含めた森羅万象の出来事なのです。

阪本勇

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――
リクルートホールディングスは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
(リンク »)

▼リクルートホールディングスについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リクルートホールディングスの関連情報

株式会社リクルートホールディングス

株式会社リクルートホールディングスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]