バラクーダネットワークス、ミッドレンジのADC製品ライン「Barracuda Load Balancer 540」を発表、さらに追加コストなしで高機能WAFを提供

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2014年05月13日

バラクーダネットワークス、ミッドレンジのADC製品ライン「Barracuda Load Balancer 540」を発表、さらに追加コストなしで高機能WAFを提供。Barracuda Load Balancer ADC 540以上のモデルに統合型Webアプリケーションファイアウォール機能を標準搭載。

2014年5月13日(火)東京発 -クラウド対応のセキュリティ/ストレージソリューションのリーディングプロバイダであるBarracuda Networks Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル、NYSE:CUDA)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:林田 直樹、以下バラクーダネットワークス)は本日、Barracuda Load Balancer ADCの新モデル540を発表し、540より上位のモデルに対して、高度なアプリケーションセキュリティ機能を追加コストなしで新たに標準搭載することを発表しました。今回の発表内容は、アプリケーションデリバリ市場に対する新たなアプローチを提起しており、お求めやすい価格にて高度なセキュリティを確保できるようになります。

Barracuda Load Balancer ADC 540は、認証、承認、そしてアカウンティング(AAA)機能を提供し、堅牢なセキュリティとミッドレンジのADCプラットフォームを提供します。またVMware Viewと統合することもでき、お求めやすい価格帯にてご利用頂けます。

また従来のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)製品では、セキュリティ機能を付加する場合、追加コストが発生するケースが多々あり、お客様は十分なセキュリティの確保を断念せざるをえない状況に置かれていました。バラクーダネットワークスの新たなアプローチでは、お客様がBarracuda Load Balancer ADCのモデル540またはそれより上位のモデルをご購入いただく場合、併せて高度なアプリケーションセキュリティ機能も搭載することで、データセンタのトラフィックを管理しつつ、レイヤ7のアプリケーションも十分に保護することが可能になります。

スティーブン・パオ(Stephen Pao)のコメント                                                  
(バラクーダネットワークス、セキュリティ担当ジェネラルマネージャ)
「新モデルの540は、予算にシビアな組織にもアピールできる価格帯にて、冗長構成の1GbEパスを提供し、新ファームウェアでは、負荷分散が必要となる主要アプリケーションをサポートしています。さらにITセキュリティは今後さらに進化していく必要があり、セキュリティとアプリケーションのパフォーマンスを個別に考慮することは不十分であると言えます。お客様はパフォーマンスを重視するあまり、アプリケーションのセキュリティをおざなりにするべきではありません。私たちは、当社のBarracuda Load Balancer ADCに高度なアプリケーションセキュリティ機能を強固に統合し、さらにお求めやすい価格にてハイパフォーマンスと高度なセキュリティを同時にご提供することがお客様のメリットになると判断しました。」

クリス・クリスチャンセン(Chris Christiansen)氏のコメント                                                  
(IDC、セキュリティ製品/サービス担当プログラムバイスプレジデント)
「バラクーダネットワークスは、お客様がセキュリティ製品を効率的に導入できる方法を常に率先して提案してきた企業です。バラクーダネットワークスは、アンチスパムソリューションに追加コストなしでアンチウイルス機能を提供した初のベンダであり、同じくWebコンテンツセキュリティソリューションにアンチスパイウェア機能を無償で提供した初めてのベンダでもありました。そして今日、バラクーダネットワークスは我々の最近のTrackerレポートで報告した通り、コンテンツセキュリティ製品の出荷数においてワールドワイドでNo.1に輝いています。私たちは、バラクーダネットワークスがアプリケーションデリバリコントローラにアプリケーションセキュリティ機能を無償追加したことにより、中堅規模組織におけるITセキュリティ分野が再度変革されることを期待しています。」

Barracuda Load Balancer ADCでは、AAA(認証、承認、アカウンティング)機能の提供に加えて、OWASPトップ10に対するプロテクション、アウトバウンドの情報漏えい保護(DLP)のモニタリング、そしてアプリケーションDDoSプロテクションなどの高度なアプリケーションセキュリティ機能も加わっています。

Barracuda Load Balancer ADCモデル540の主な特長:
•4x1GbEポート
•総計2Gbpsのスループット
•統合型Webアプリケーションファイアウォール機能
•認証、承認、アカウンティング機能
•VMware Viewとの統合

価格と利用
Barracuda Load Balancer ADCは、168万5,000円(税別、初年度の保守費用込)よりご提供しています。また仮想アプライアンス版もご提供しています。

Barracuda Load Balancer ADCについて
Barracuda Load Balancer ADCは、大量のトラフィックが発生する今日のデータセンタ向けに設計されており、ハイパフォーマンスのアプリケーションデリバリコントローラとして、優れたアプリケーションアクセラレーション、可用性、そしてコントロールと高度なセキュリティ機能を組み合せた製品となっています。詳細は以下のページをご覧下さい:
(リンク »)

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から6年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。 2013年年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:寺下
Email:jpinfo@barracuda.com
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]