「入学してから、大学生活で一番驚いたことは?」~約3人に1人の学生が、入学してから大学生活で驚いたことがあると回答~

株式会社リクルートキャリア 2014年05月22日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』( (リンク ») )は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「入学してから、大学生活で一番驚いたことは?」をテーマにアンケートを実施いたしました。


▼「入学してから、大学生活で一番驚いたことは?」記事はこちらから
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■理系学生よりも文系学生の方が、大学生活で驚いたこと
が「ある」と回答する学生の割合が高い傾向に。
――――――――――――――――――――

大学2年生487人(うち男子学生212人、女子学生275人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2014年4月12日~4月13日)。
大学生活をスタートした大学生は、どんなことに驚くものなのでしょうか。そこで今回は、入学から1年が経過した2年生に、大学生活で驚いたことがあったかどうかや、一番驚いたことについて尋ねてみました。

まず、大学に入学してから、大学生活で驚いたことがあるかどうかを尋ねたところ、35.5%が「ある」と回答し、残りは「ない」と回答しました。属性別では、理系学生よりも文系学生の方が、「ある」と回答する学生の割合が高い傾向が見られました。

「一番驚いたのはどんなこと?」という問いには、「何事も自主的に動かなければならず、責任が伴うため、高校よりも実社会に近いところ」「部活にとてもお金がかかること」「テストのとき、教科書やプリントをテストに持ち込んでいい科目が多かったこと」「本を読まない学生が多い。ニュースで話題になっている事件や社会問題をさっぱり知らない法学部生がいたのにもビックリ」「薬学部だから覚悟はしていたけれど、実験が多い」「周りの友人との金銭感覚の違い。お嬢様が多いのか、金遣いが荒い」といった声が寄せられ、多くの学生が、大学の授業やほかの学生たちの様子、施設や設備の充実度などから、大学が高校と違うことを実感したことがわかりました。


▼「入学してから、大学生活で一番驚いたことは?」記事はこちらから
(リンク »)

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]