新日鉄住金 「郷土(ふるさと)の森づくり」DVDを製作

新日鐵住金株式会社 2014年05月23日

From Digital PR Platform


この度、私どもが40年以上に亘って取り組んできた「郷土(ふるさと)の森づくり」を紹介する映像資料(DVD)を作成致しました。
「郷土(ふるさと)の森づくり」は、1971年から宮脇昭先生(現・横浜国立大学名誉教授、公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター長)のご指導を頂きながら、当社大分製鐵所を皮切りに全国の製造拠点で進めてきた、日本における工場緑化の先駆けとなった取り組みです。現在、森の総面積は全社合計で約900ヘクタール(東京ドーム約190個分)に達し、CO2吸収源としての役割を果たすとともに、地域の生物多様性の保全にも大きく貢献しております。
この取り組みの特徴は、全国各地のその土地本来の植生に基づいた樹木を選定し、当社従業員の手で「現代の鎮守の森」を育てていくところにあります。今日、「宮脇方式」と呼ばれているこの手法は、国をはじめ数多くの自治体や企業等でも採用され、各地の自然環境の保全に大きく貢献しています。
今回のDVDは、新日鐵住金発足を契機として、宮脇先生へのインタビューを交えながら、「宮脇方式」による森づくりの特徴や、豊かに育った各製鉄所の森の姿を、幅広くご紹介することを目的としています。
当社では、今後とも新入社員による植樹などを通じて「郷土(ふるさと)の森づくり」を受け継いでいくとともに、引き続きグループを挙げて地域の環境保全に貢献していく所存です。

○DVDの概要
1.詳細編・・・・25分
 特徴;(1)当社が「宮脇方式」を採用した経緯等を宮脇先生のインタビューを交えつつ説明
    (2)「宮脇方式」の植樹方式の解説
    (3)各製鐵所における「郷土(ふるさと)の森」の紹介
2.短縮編・・・・4分、8分(上記内容のダイジェスト版)
 4分編は当社ウェブサイトでもご覧いただけます。 (リンク »)

(お問い合わせ先)
総務部広報センター TEL:03-6867-2135
以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]