今年もおいしいお酒「名峰赤城」に貢献します (6月8日) ~都市農村交流を地元商店会と群馬県前橋市富士見町と実践~

文京学院大学 2014年05月28日

From Digital PR Platform


文京学院大学では、文京区本郷にある商店会「追分通り三面大黒天商栄会」と群馬県前橋市富士見町と共に米作り体験を通じ、都市農村交流を図る「農業インターンシップ」に取り組んでいます。今年は6月8日(日)、前橋市富士見町で田植えを行い、育った米は「名峰赤城」の原料となる予定です。今年は学生定員枠の5名と職員4名、本郷の地元住民、前橋市富士見町の地域住民が参加を予定しています。この「農業インターンシップ」は今年で6年目を迎え、7月には「草取り」、9月に「御礼祭」、10月の「稲刈り」と「文京祭」、11月「産業祭」と「収穫祭」を予定しております。都市農村交流を通じ、追分通り三面大黒天商栄会と前橋市富士見町との地域活性化に「農業インターンシップ」で貢献していきます。


<本件に関するお問い合わせ先>
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)
担当:三橋 / 山口
部署番号: 03-5684-4713

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]