琉球ネットワークサービス(上原啓司CEO・相木伸介部長)はconnectblue社のBluetoothデュアルモードアクセスポイントでIoTゲートウェイ機能を提供することを発表しました。

株式会社琉球ネットワークサービス 2014年05月28日

From DreamNews

琉球ネットワークサービス(コネクトブルー社 日本総代理店)はコネクトブルーがBluetoothデュアルモードアクセスポイントのRBE221sにIoT(モノのインターネット)に向けたIoTゲートウェイ機能の提供を2014年5月28日に発表しました。
RBE221sはBluetoothスマートに対応したアクセスポイントとしても知られています。RBE221sはイーサネットでインターネットに接続されていればウェブサーバー上で動作しているあらゆるウェブアプリケーションからこのアクセスポイントに接続しているBluetooth Low Energyデバイス上のデータにアクセスすることが可能になります。
BluetoothデュアルモードアクセスポイントRBS221sのIoTゲートウェイ機能の紹介に伴い、RBS221sはHTTPコマンド経由であらゆるウェブアプリケーションから同時にBluetooth Low Energyデバイスに対してアクセスが可能になります。RBS221sはBluetooth Smart Ready対応のゲートウェイであり、標準的なGATTプロファイルを用いるのでどのようなBluetooth Low Energyデバイスにもアクセスが可能になります。
IoT(モノのインターネット)は目下ホットな話題であると同時に莫大な市場ポテンシャルを有しています。市場予測では250~500億個のIoT機器が2020年までに普及する見通しです。
コネクトブルーCEOであるMr.Rolf Nilssoは続けます。「しかしIoTアーキテクチャ(システム)をフルに活用するためにはBluetooth Low Energyセンサーノードに対してアクセスできるゲートウェイが別途必要ですが、このIoTゲートウェイ機能は我々のBluetoothアクセスポイント製品に機能追加することで実現しています。」
工業用途や医療業界で信頼性の高いワイヤレスアプリケーションが必要とされる分野にconnectBlue社のお客様が数多く存在しています。工業用途におけるアプリケーションで、IoTゲートウェイが使われる機会が多いのは様々なセンサーから例えば温度をよみとり、スマートフォンのような市中で入手しやすい製品からウェブ経由で表示することなどが挙げられます。例えば医療の分野では様々な患者のリアルタイムな心電図情報をやはりカスタマイズしたウェブ経由でインターネットに接続されたウェブ機器で読み取ることなどが挙げられます。
IoTゲートウェイ機能を有効にする上で、お客様にはsupport.connectblue.com上にて、RBE221をBluetooth Low Energyゲートウェイアプリケーションノートに記載された内容に従って設定頂ければ作業は完了です。

図の説明
ウェブサーバー上で動作しているウェブアプリケーションはRBE221sに接続されたBluetooth Low Energyデバイスにアクセスしてデータを取得します。この接続性は標準的なGATTアーキテクチャを通じてHTTPコマンドを通信させることにより実現しています。
RBE221sはポイント・トゥー・マルチポイント接続をサポートしたBluetooth・Ethernet接続を実現したアクセスポイント完成品です。複数のスレーブ、クライアントを同時に10/100Base-T Ethernetネットワークに接続します。RBS221sはBluetooth V4.0規格に準拠し、接続するデバイスによるものの300mの到達距離を実現します。RBS221sは2つのPANの役割とPANユーザーとネットワークアクセスポイントを実現すると共に、Bluetooth純正のLow Energy GATTサービスに準拠しています。RBS221sは物理的な設定ボタンとLEDによる設定に加えてウェブインタフェースからも可能です。より高度な設定とユースケースに基づき、ATコマンドとSNMPプロトコルからRBS221sを設定することも可能です。RBE221sは米国FCC Part 15、
欧州 ETSI R&TTE、日本 技適、カナダIC RSSの各電波認証を適合・取得済みでUL/cUL Class 1 Div.2の有害地域規制基準にも準拠しています。

モノのインターネット(IoT)について
インターネット越しにセンサーデバイスにアクセスできることはモノのインターネットとして評される一つの技術進化です。機器をインターネットに接続するために、手元の省電力ワイヤレス接続方法はconnectBlue社のマルチラジオモジュールOWL355にとっては理想的なサンプル事例です。詳しくは (リンク ») をご覧ください。

connectBlue(C)について(補足説明)、connectBlue(R) is a leading provider of reliable wireless solutions for the last hundred meters ofconnectBlue(C)は信頼できるラスト100mのワイヤレス接続ソリューションを提供する最先端の企業です。高い信頼性が求められる産業用途、医用、計測、データ・アキジション、品質保証といった各アプリケーション分野において堅牢かつ高いパフォーマンスを持つワイヤレス製品を設計・試験し提供しています。BluetoothTMClassicBluetoothTM Low Energy、ワイヤレスLANおよびマルチラジオソリューションを中心にconnectBlue(C)は組み込みモジュール、ワイヤレスシリアルポートアダプター、アクセスポイントといった製品を供給しています。connectBlue(C)製品は欧州、北米、日本の各地域で電波規格認証を取得しており、EMC、各安全規格、各医用規格、そしてBluetooth認証に適合した製品を供給しています。connectBlueTMの本社はスウェーデンで、ドイツおよびアメリカに現地法人を有しています。詳しくは (リンク ») をご覧ください。

Links for this Press Release
Download press release as .PDF:
(リンク »)
connectBlue Web Links
Press releases: (リンク »)
Image downloads: (リンク »)
Calendar: (リンク »)
connectBlue on Social Media
LinkedIn: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

さらに詳細な情報のお求めは、琉球ネットワークサービスエレクトロニクス事業部
Phone: +81 3 5425 2215
Email: device_info@r-net.co.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。