SAS、ピーク時のエネルギー需要予測や顧客サービスを向上する新しいソリューション「スマートメーター・データ・アナリティクス」の提案を国内で開始

SAS Institute Japan株式会社 2014年06月10日

From Digital PR Platform


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は本日、電力・ガス事業者が設置したスマートメーターからのビッグデータの活用・運用を支援する包括的なソリューション「スマートメーター・データ・アナリティクス」を、国内で提案開始することを発表しました。

国のエネルギー政策のもと、省エネルギー社会とスマートで柔軟な消費活動の実現のために、電力・ガス事業者による、世帯・事業所へのスマートメーターの導入が実施・計画されています。SASはそこから生まれるビッグデータをビジネス価値に変える包括的なアナリティクス・ソリューションを提供し、電力・ガス事業者に向けて、ピーク需要の予測、設備の保全計画、および、顧客サービスの向上によるROI改善を支援します。

スマートメーターの設置によって、各設置世帯や事業所から時間あたり数回のエネルギー使用データの送信が行われ、詳細で複雑なビッグデータが生成されます。このビッグデータを最新のアナリティクス環境で予測分析することで、電力・ガス事業者、また新たにこの分野に参入する事業体に、新しいビジネス機会の創造や課題解決が促進されることが期待されます。

スマートメーター・データ・アナリティクスは、スマートメーターで生成されるビッグデータに対して高速なビッグデータ・アナリティクスを活用することで、ピーク需要の予測精度の向上、トラフィックや価格の最適化、新しいサービスを販売促進する最適なお客様の特定といったことが可能になります。また、設置したスマートメーターの故障や故障する部品を予測することで、より優れたメンテナンス計画を作成できます。この包括的ソリューションによって安定した電力供給の実現、顧客満足度の向上、そして新しい事業形態での収益貢献を支援します。

スマートメーター・データ・アナリティクスには、エネルギー需要のピークの予測や長期にわたる不確実性の削減を行う「SAS(R) Energy Forecasting」や、顧客維持および新しいサービスの販売促進の分野で豊富な実績を擁する「SAS(R) Customer Intelligence」などのソリューションと、ビッグデータを高速に分析するためのハイパフォーマンス・アナリティクスの分析基盤が含まれます。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名( (リンク ») )

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]