編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

早稲田大学発JMOOCコース「国際安全保障論」を6月16日より開講

早稲田大学

From: 共同通信PRワイヤー

2014-06-11 17:30

2014-06-11

早稲田大学広報室広報課

早稲田大学発JMOOCコース 受講者募集中
栗崎准教授「国際安全保障論」を6月16日より開講

MOOC(Massive Online Open Courses)とは、無償で大学が提供する講義を受講でき、課題をこなすことで最終的には修了の認定まで受けることができるという取り組みです。2012年にアメリカを中心に、CourseraやedXといったMOOCの取り組みが広がり、2013年にかけてMOOCは全世界へ広まりをみせ、各国で地域独自のMOOCが立ち上がってきています。

2013年10月11日に、日本版MOOCとなるJMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)が設立され、日本の大学による日本語を中心としたMOOCの提供が始まることになりました。早稲田大学では、Waseda Vision 150で掲げる大学の「教育と学修内容の公開」にも繋がる取り組みとして、大学総合研究センターを中心にMOOCを推進していきます。その第一弾として、2014年6月16日より、政治経済学術院 栗崎周平准教授による「国際安全保障論」を開講します。

早稲田大学は2002年よりオンデマンド授業実施を推進してきており、大学総合研究センターに蓄積されたコンテンツ制作技術や運用ノウハウをもって、JMOOCへのコンテンツ提供・講座運営を支援します。

【リンク】
ニユースリリース・受講申込み方法 (リンク »)
講座概要・プロモーションPV(JMOOC公式サイト) (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]