ライカマイクロシステムズが、川本法およびレーザーマイクロダイセクション Leica LMD7000ワークショップを開催!

ライカ マイクロシステムズ株式会社 2014年06月13日

From Digital PR Platform


ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:上野 隆、東京都新宿区)は、組織標本作成からレーザーマイクロダイセクションまでの知識と技能の習得を目的とした、Leica LMD7000レーザーマイクロダイセクションに関するワークショップを6月26日(木)、27日(金)に開催いたします。当日は鶴見大学 川本忠文先生から直接ご指導いただくことができます。
これからレーザーマイクロダイセクションの実験を始める方はもちろん、標本作成の初心者の方や、すでに実験されている方にも日ごろの疑問点の解決の場としてもご活用いただけます。奮ってご参加ください。


【ワークショップ内容】 

■ 骨、歯、軟骨、植物などの凍結組織切片をきれいに作製するコツは?
■ 非脱灰の骨、軟骨組織から細胞を回収するには?
■ 凍結切片からRNAを効率良く回収するには?
持込サンプルを使ってのワークショップも可能です。サンプルをご持参される場合は、お申し込み時にお申し出ください。別途ご連絡差し上げます。

【開催日時・場所】

2014年 6月26日(木) 9:30 - 16:00
2014年 6月27日(金) 9:30 - 16:00
両日とも同じ内容です。
15名 (同じ研究室からのご参加は、2名様までとさせていただきます)
ライカマイクロシステムズ(株)  エクスペリエンスラボ
東京都新宿区高田馬場1-29-9
         Tel: 03-6758-5640
  \ 15,000- (税込)
 
※ 本セミナーはエンドユーザー様を対象としております。
お申込みはこちらから
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。