テレビor ネット・・・業務外の時間で多く見ているのはどちら?僅差の結果に・・・!

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年06月18日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』( (リンク ») )は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「最適」。「“朝活”をしたことがある?」、「業務外の時間、テレビとネットのどちらを見ている時間が多い?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■お題1:“朝活”をしたことがある?
――――――――――――――――――――
ある・・・13%
ない・・・87%

起床から業務開始までの時間を利用して、自分のために活動する“朝活”。朝活をしたことが「ある」と答えた人は13%、「ない」と答えた人は87%という結果になりました。「ある」派では、さまざまな自分磨きの活動をする以外に「早く出社して仕事をする」というコメントが目立ちました。残業するより効率的で精神的にもいいということのようです。なお、「ある」派には「かつて朝活していたが今は休止中」という人も含まれているので、実際にいまも朝活を続けている人は少ないと思われます。「ない」派では、とにかく「朝は寝ていたい」というコメントが目立ちました。自分磨きなら必ずしも朝でなくてもいいと考える人も多く見られました。大きな差がついた今回の結果からもわかるように、早起きして朝活を続けるのはかなり難しいことのようですね・・・。

<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●夜はなかなかやる気が起きないので、朝早く起きて資格の勉強を続けています。(20代・女性)
●早く起きてウォーキングをするようになった。メタボ体型が改善された。(40代・男性)
●まだ20代の頃、上司の勧めで「勉強会」をやってました。眠かったけどそれなりに充実感のある時間でした。ときには講師役が回ってきて準備で大わらわ。でも自分の勉強になりましたね。(60代・男性)

【「ない」派のコメント】
●1分1秒でも長く寝ていたいです。起きられないため、朝の行動は無理です・・・。(30代・女性)
●朝活がブームになり始めたころ、何か参加しようと思ったのですが、夜勤続きで挫折しました。(30代・男性)
●思い返しても、子供のころ夏休みに毎日通っていた朝のラジオ体操くらいですね。(50代・男性)


▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
(リンク »)


――――――――――――――――――――
■お題2:業務外の時間、テレビとネットのどちらを見ている時間が多い?
――――――――――――――――――――
テレビ・・・・・・・48%
インターネット・・・52%

業務外で長く見ているのは「テレビ」と答えた人は48%、「インターネット」と答えた人は52%という結果になりました。「テレビ」派の多くは、業務でPCを長時間操作しているため、帰宅後にはPCではなくテレビをつけるのが習慣になっているようです。もちろん熱心に番組を視聴する人もいますが、特に何を見るでもなくテレビをつけておく、という人も少なくありません。「インターネット」派には、転居や地デジ化を機会にして、もはやテレビを所有していないという人が少なからず見られ、特に若年層に多いようでした。また、魅力のあるコンテンツがないからテレビを見ないというコメントや、ニュースを見るならインターネットのニュースで十分事足りるというコメントが散見されました。テレビ離れが進んでいると言われている昨今ですが、まだ完全に離れているわけではなさそうです。

<コメント(一部抜粋)>
【「テレビ」派のコメント】
●仕事で常にPCを触っているので、家では触らなくなってきました。(30代・男性)
●ネットでニュースチェックはきりがない。朝と夜はニュース番組で時間管理!(50代・男性)
●家に帰るととりあえずテレビをつけるので、テレビを見る時間の方がまだ多いかも?何を見るわけでもないのですが・・・。(30代・男性)

【「インターネット」派のコメント】
●ニュースもネットで見ます。ヘッドラインがあるので時事ネタをすぐに入手できるのも利点ですが、時間がないときは流し読みでかいつまんで読めるのがいい。(20代・男性)
●昼食中は食堂でNHK、通勤中は車内で耳だけテレビ視聴。ほかはネット。なので、女子のドラマの話題に入れないのが悩み。(40代・女性)
●テレビはビデオの再生用と化しています。リアルタイムで番組を見ることはなくなりました。(50代・男性)


▼その他の「テレビ」派、「インターネット」派の理由はこちら
(リンク »)


<調査概要>
○調査期間:2014年5月22日~2014年5月28日
○有効回答数:406
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
(リンク »)

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆ブログや電子書籍の執筆経験がある人は何%だった?
(リンク »)

◆印刷スピード?静音?オフィスの複合機…気になるのはどちら?
(リンク »)

◆アジャイル開発、実践してみたい?現実的ではない?どっち?
(リンク »)

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
(リンク »)

▼「ITキーマン占い」はこちらから
(リンク »)

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
(リンク »)

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]