新日鉄住金 インド初の貨物専用鉄道に熱処理レールを出荷開始

新日鐵住金株式会社 2014年06月27日

From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役社長 進藤孝生 以下、「当社」)は、インド デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道(Western Dedicated Freight Corridor、以下「DFC西線」)向けに熱処理レール(*1)を12万6千トン受注し、2014年6月よりインドへの出荷を開始いたしました。

DFC西線は、首都デリーから商業都市ムンバイの間、総延長約1,500kmの貨物専用鉄道を建設するインドの国家プロジェクトであると同時に、日印両政府が推進する「デリー~ムンバイ間産業大動脈(DMIC)構想(*2)」の根幹をなす事業です。その最初の工区となるインド北部ハリアナ州レワリと西部グジャラート州イクバルガー間の約626km部分について、昨年春に双日株式会社がインドのラーセン&トゥーブロ社(Larsen & Toubro Ltd.)と共同でインド政府傘下のインド貨物専用鉄道公社(DFCCIL)から軌道敷設工事(円借款案件)を受注し、今回、当社レールが採用されたものです。工事は2013年夏に着工し、完工は2017年夏の予定です。また、レールは2016年夏ごろまでに納入を完了する予定です。

本件は、円借款案件として、当社がDFCCILに対し初期段階から熱処理レールのスペックインに取り組んできた案件です。当社のレールは耐磨耗性に優れ、レールの長寿命化に貢献できることや、寸法公差精度が高く、溶接・敷設時の作業性に優れており、こうした品質優位性等が評価され、今回の採用に至ったものと考えております。

当社は、今後も成長する海外需要の捕捉に努め、新興国におけるインフラ整備に貢献していきます。

(*1)熱処理レール:圧延後に熱処理を施し、レール頭部の硬度を上げることにより、耐摩耗性を向上させたレール
(*2)デリー~ムンバイ間産業大動脈(DMIC)構想:デリー・ムンバイ間の6州の工業団地や港湾を貨物専用鉄道・道路で結び付け、インド最大の産業ベルト地帯を作るという、日印共同の総合産業インフラ開発プロジェクト


【受注の内容】
区間 : レワリ~イクバルガー間(約626km)
数量 : 126,000トン
納入時期 : 2014年6月~2016年夏ごろ(予定)


(お問い合わせ先) 総務部広報センター TEL:03-6867-5807
以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]