◎白紙小切手会社Garnero Group  Acquisition CompanyがIPO価格設定でSEC認可取得

Garnero Group Acquisition Company 2014年06月27日

From 共同通信PRワイヤー

◎白紙小切手会社Garnero Group  Acquisition CompanyがIPO価格設定でSEC認可取得

AsiaNet 57206
共同JBN 0729 (2014.6.27)

【サンパウロ(ブラジル)2014年6月27日PRN=共同JBN】Garnero Group  Acquisition Company(NASDAQ: GGACU)は27日、同社のフォームS-1に基づく証券発行の登録届出書が米証券取引委員会(SEC)から有効であるとの決定を受けたと発表した。同社の1250万単元の新規株式公開(IPO)は、2014年7月1日あるいはその前後に完了する見込みである。1単元は普通株式1株から成り、1株当たり価値は0.0001米ドル相当で、当初企業結合の完了に応じて普通株式1株の10分の1および当初企業結合の完了もしくは2015年6月25日の後に始まる完全株式当たり11.50ドルの価格で普通株式1株の10分の1を購入する権限を株式保有者に与える権利を自動的に受けることになる。それぞれの単元は累計総額1億2500万ドルになるよう単元当たり10ドルの公募価格で販売されることになる。EarlyBirdCapital Inc.は単独の事務幹事社、引受主幹事社を務める。Aegis Capital、Ladenburg Thalmann、I-Bankersは共同引受幹事社となる。証券の公募は目論見書によってのみ行われ、そのコピーはEarlyBirdCapital, Inc.のエイミー・ブロッホ氏(+1-212-661-0200)で入手できる。

これら証券に関わる登録届出書は、2014年6月25日付でSECから有効を宣言された。このプレスリリースは販売提案もしくは購入申し出を勧誘するものではない。このプレスリリースは、株式の販売の申し出ではなく、また購入申し出を勧誘するものでもない。またいかなる州でも、当該州や司法管轄区域の証券取引法によって、登録または認可以前のそうした申し出や勧誘、販売は違法とされている。

Garnero Group Acquisition Companyは新たに開設された白紙小切手会社であり、1社もしくはそれ以上の企業もしくは組織ととともに合併、株式資本取引、資産買収あるいはその他同様の企業結合を有効にする目的で組織されている。有望な対象企業を判定する同社の努力は、特定の産業分野あるいは地理的地域に限定されることはない。しかし、同社は当初、中南米地域(特にブラジル)あるいは欧州に存在するエネルギー(再生可能エネルギーを含む)、あるいはバイオテクノロジー産業など、所在地への事業拡大から利益が得られると考える地理的所在地外で操業する産業などを対象企業として特に注力する。

▽問い合わせ先
Javier Martin Riva
Chief Financial Officer
Garnero Group Acquisition Company
+(55)-1130947970

ソース:Garnero Group Acquisition Company  

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]